주요 기사 바로가기

日本政府サイトにサイバー攻撃…親ロシア派ハッカー「日本攻撃した」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.07 08:29
0
日本政府が運営する行政情報ポータルサイト(e-Gov)が6日にサイバー攻撃を受けダウンしたと現地メディアが報道した。

NHKと共同通信などによると、この日午後4時30分ごろデジタル庁が運営するサイトが大量のデータを送りつけてシステム障害を引き起こす「DDoS攻撃」を受けアクセス不能状態に陥った。

デジタル庁は、現在も不安定な状態だが接続は可能になったとし、復旧作業が進んでいると明らかにした。該当サイトはこの日午後10時現在ではアクセス可能な状態だ。

日本総務省所管の地方税ポータルサイト(eLTAX)もサイバー攻撃を受け、このサイトは同時刻でもアクセスしづらい状況だ。

親ロシア派ハッカーグループのキルネットはDDoS攻撃が始まった時刻に「日本の電子政府と税務当局のシステムを攻撃した」とテレグラムに投稿した。

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)はキルネットが自身の仕業であることを自任してこうした投稿をしたとみている。

キルネットは2月のロシアのウクライナ侵攻後、ウクライナを支援する国の政府サイトにサイバー攻撃を加えてきた。

日本政府はロシアがウクライナを侵攻すると米国など西側のロシア制裁に積極的に参加している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP