주요 기사 바로가기

【噴水台】通貨危機=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.06 15:21
0
通貨危機の定義は簡単だ。韓国ウォンと両替して使うドル(外貨)が不足して生じる危機だ。1997年に韓国が経験した。韓国は保有する外貨が減り、デフォルト(債務不履行)の危機に直面した。同年11月、国際通貨基金(IMF)に200億ドルの救済金融を要請しなければならなかった。その代償は大きかった。IMFは強度の緊縮を要求した。深刻な資金不足で住宅貸出金利は年20%台、中小企業向け貸出金利は30%台に上がった。「漢江(ハンガン)の奇跡」と呼ばれた韓国経済はあっという間に沈没した。多くの企業が倒産し、家計破綻が続いた。

IMF通貨危機が韓国人に残した傷は大きかった。経済が不安定になるたびに通貨危機の恐怖に包まれる理由だ。2008年の米国発金融危機がそうだった。当時、外国人の資金が一気に流出し、韓国ウォンが急落した。第2次IMF危機が迫るという恐怖が市場に広がった。「3月危機説」「9月危機説」が相次いで出てきた。同年10月、李明博(イ・ミョンバク)大統領がラジオ演説で「厳しいが、通貨危機当時とは状況がかなり違う」と訴えるほどだった。

最近、IMF通貨危機の恐怖がまた広がっている。ひとまず物価と為替が尋常でない。消費者物価上昇率は5-6%(前年比)にのぼる。1998年の7.5%以来14年ぶりの最高水準だ。通貨危機だった97年の4.4%を上回る。為替レートは1ドル=1300ウォン水準を突き抜けて1400ウォン台に向かっている。一日に10ウォン前後のウォン安ドル高になったりする。金融危機当時のようだ。ところが政府の反応も当時と似ている。先月29日、秋慶鎬(チュ・ギョンホ)副首相兼企画財政部長官は国会で「外貨の保有は十分だ。IMF通貨危機とは違う」と述べた。

実際、当然のことだ。通貨危機も金融危機も経済危機の一種類にすぎない。危機はいつも異なる姿を見せ、また進化した。ノーベル経済学賞受賞者ポール・クルーグマンは著書で「危機は米連邦準備制度理事会(FRB)の非常に賢い人物を含めて誰も予測できない新しい次元をずっと発展させて見せる」と主張した。

新たな危機が近づいている。IMF通貨危機の記録を超える最悪の経済危機ではないことを望むだけだ。

チョ・ヒョンスク/経済政策チーム次長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】通貨危機=韓国

    2022.09.06 15:21
    뉴스 메뉴 보기
    ドル
    TOP