주요 기사 바로가기

「イカゲームの240番」女優イ・ユミ、アジア俳優初のエミー賞…「とても幸せ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.06 10:35
0
昨年、世界的な人気を集めたネットフリックスシリーズ『イカゲーム』が米国放送界最高権威賞であるエミー賞4冠を達成した。非英語圏作品が受賞した初めてだ。

4日(現地時間)、第74回アーツ・エミー賞(CreativeArtsEmmyAwards)で『イカゲーム』はノミネートされた7部門のうち、女優ゲスト、視覚効果、スタント、プロダクションデザインの4部門で受賞した。米国テレビ芸術科学アカデミーが1949年から主催するエミー賞は技術部門に賞を授与する「クリエイティブアーツ」授賞式と俳優・監督などを対象とする主要部門授賞式に分けて開催される。『イカゲーム』は13日(韓国時間)に開かれる主要部門の授賞式にも作品・演出・脚本・主演男優・助演女優の6部門にノミネートされている。

この日の授賞式では女優イ・ユミが女優ゲスト賞の受賞者として呼ばれたことを皮切りに『イカゲーム』というタイトルが4回響き渡った。ゲスト賞はシリーズ物の中で1話で目立った演技を見せた俳優に与える賞で、イ・ユミは『メディア王 〜華麗なる一族〜』(HBO)のホープ・デイヴィス、『ザ・モーニングショー』(Apple TV+)のマーシャ・ゲイ・ハーデンなど錚々たる俳優を抜いてアジア国籍の女優として初めてエミー賞を手に入れた女優になった。

イ・ユミはドラマの中でゲームに参加した240番ジヨンのキャラクターを演じ、分量は多くないが人生の意志を失ったような演技で深い印象を残した。イは授賞式後、SNSを通じて「ジヨンを愛してくださって感謝する。今後さらに頑張りたい。とても幸せだ」と受賞の感想を述べた。

特殊視覚効果部門では第7話「VIPS」編を作業したVFX(VisualEffects)技術チームが受賞した。スタントパフォーマンス賞とプロダクションデザイン賞はそれぞれ第4話「チーム分け」でノミネートされたスタント俳優たちと第6話「カンブ」でノミネートされた美術チームに与えられた。

特殊効果・スタント・美術などこれまで主に画面の裏にあった多様な技術分野の功労が高く評価されたということから、今回の受賞の意味は大きい。特に、スタントの場合、国内でも該当分野に授与する賞がない。『イカゲーム』の武術を担当した「ベストスタントチーム」のイム・テフン武術チーム長はこの日のインタビューで「俳優の裏側で働く職場だが、スタントという職業を知らせるのに少し役立ったようだ。地下に住んでいたが、1階に少し上がってきた感じ」と感想を述べた。

特殊視覚効果賞を受賞したガリバースタジオのチョン・ジェフン社長はこの日、書面感想で「ハリウッドに比べると不毛の地に他ならなかったVFX分野でアジアで初めてこのような大きな賞を受賞したことに自負心を感じ、さらに精進しなければという気がした」と明らかにした。プロダクションデザイン賞を受賞したチェ・ギョンソン美術監督は「宝物のような大切な美術・小道具・セットチームとともに喜びを分かち合いたい」と話した。

大衆文化評論家のキム・ソンスさんは「スタント・特殊効果など技術的な側面でも海外から学びたいという声が上がるほど高い水準に達したので賞を与えるしかなかっただろう」とし、「13日に授賞する作品賞・監督賞などの受賞の可能性も大きくなった」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「イカゲームの240番」女優イ・ユミ、アジア俳優初のエミー賞…「とても幸せ」

    2022.09.06 10:35
    뉴스 메뉴 보기
    ネットフリックスシリーズ『イカゲーム』に出演し、「240番ジヨン」役を演じた女優イ・ユミ
    TOP