주요 기사 바로가기

韓国の外貨準備高がまた減少、1カ月間に22億ドル減

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.06 08:43
0
韓国の外貨準備高が1カ月ぶりにまた減少に転じた。今年1-8月に266億9000万ドル(約36兆6000億ウォン、約3兆7500億円)も減少した。政府と韓国銀行(韓銀)は問題ないというの立場だが、状況は容易でない。韓国ウォンは2009年4月以来の最安値となり、短期外債比率は10年ぶりの最高水準になるなど、各種の警告信号が一斉に出ている。

韓銀によると、8月末の韓国の外貨準備高は4364億3000万ドルと、7月末(4386億1000万ドル)比で21億8000万ドル減少した。外貨準備高は3月から6月まで3カ月連続で減少し、7月に小幅増加(3億3000万ドル)に転じた。

今年に入って外貨準備高は大幅に減少している。6月には1カ月間で94億3000万ドル減少し、月間の減少幅では2008年11月(117億5000万ドル減)以来の最大水準となった。昨年末(4631億2000万ドル)比では266億9000万ドル減少した。

韓銀は外貨準備高の減少原因を「ドル高」と説明している。韓銀によると、主要通貨に対する米ドルの価値を示すドルインデックス(1973年=100)は先月2.3%上昇したが、ユーロ(-1.7%)、英ポンド(-4.2%)、日本円(-3.2%)など他の通貨の価値が下落した。韓銀関係者は「その他の通貨資産のドル換算額減少で外貨準備高が減少した」と説明した。昨年末基準で外貨資産のうちドル以外の通貨の資産比率は31.7%。

ウォン安防御のために保有中のドルを市場に出して売ったのも外貨準備高の減少に影響を及ぼした。韓国は今年1-3月期に為替市場で83億1100万ドルを売った。特に先月は韓国ウォンが1ドル=1298.3ウォン(8月5日、終値基準)から1350.4ウォン(8月29日)まで下落するなど変動幅が大きかった。

韓銀は外貨準備高は不足しないという立場だ。外貨準備高の絶対規模が7月末基準(4386億ドル)で世界9位であるうえ、韓国経済の基礎体力も過去の通貨危機当時とは異なるということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の外貨準備高がまた減少、1カ月間に22億ドル減

    2022.09.06 08:43
    뉴스 메뉴 보기
    ドル
    TOP