주요 기사 바로가기

「フリーズ・ソウル」大成功…韓国美術のチャンスか危機か(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.05 11:25
0
博物館や美術館の展示ではない。販売目的の大きな美術市場だ。ところが、発売された商品がただならない。古代エジプトのミイラが収められた木の棺桶もあり、20世紀の現代美術の巨匠ピカソの本物の素描や絵画もある。美術館でしか見られなかったシャガール、モランディの小さな作品もある。作品の価格は数十億ウォン(数億円)だ。

世界的なアートフェア・フリーズ(FRIEZE)が初めて韓国で開催した「フリーズ・ソウル」(以下、フリーズ)と韓国画廊協会が開く韓国国際アートフェア「KIAFソウル」(以下、KIAF)が2日、ソウルCOEX(コエックス)で開幕した。連日盛況だ。開幕日からVIP観覧客が長蛇の列を成し、4日にも展示場の入口は観覧客でごった返した。COEX1階A・BホールのKIAFに164軒、3階C・Dホールのフリーズに110軒余りの300軒近いギャラリーが市場に参加した。

フリーズには世界トップのギャラリーのガゴシアン、ハウザー&ワース、リッスンギャラリーなどが参加し、古地図や書籍、さらには古代遺物を扱うギャラリーも参加した。「このような作品をソウルで見られるなんて」など、あちこちで嘆声が上がった。

開幕日の夕方、国内では想像もつかなかった売上記録が出た。世界メガギャラリーの1つ、ハウザー&ワースは同日、ジョージ・コンド(65)の『赤い肖像画(Red Portrait Composition)』(2022)を38億ウォン(約3億9000万円)で販売した。国内の私立美術館が購入した。米作家マーク・ブラッドフォードの絵は、個人コレクターに24億5000万ウォンで売れた。

数億~十数億ウォン台の作品が相次いで売れた。リッスンギャラリーでは巨匠アニッシュ・カプーアの作品が10億ウォン、タデウス・ロパックギャラリーではアントニー・ゴームリーの作品が約8億ウォン、ゲオルグ・バゼリッツの絵画が16億3000万ウォンで売れた。韓国の画廊12軒がフリーズに参加したが、その1つの国際ギャラリーが朴栖甫(パク・ソボ)の絵画1点を7億ウォン、河鍾賢(ハ・ジョンヒョン)の作品を5億ウォン、アレクサンダー・カルダーの作品を5億ウォンで販売した。

フリーズのサイモン・フォックス代表は4日、「フリーズ・ソウルは我々の期待を超えた」とし、「ソウルのエネルギーは素晴らしかったし、参加ギャラリーや世界の訪問客から多くの賛辞を受けた。我々はすでに来年の準備をしている」と述べた。

フリーズでナム・チュンモ、金澤相(キム・テクサン)、キム・グンテ、イ・ジヌ作家を集中的に紹介したリアンギャラリーのアン・ヘリョン代表は「フリーズで作品が完売するほど実績が良かった。米国と香港のコレクターに販売した」と述べた。アン代表は「今回の目標は販売そのものではなかった。外国から来たギャラリーや美術館の関係者と会って、海外の展示について話し合ったことが真の成果」と語った。

「フリーズ・ソウル」大成功…韓国美術のチャンスか危機か(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「フリーズ・ソウル」大成功…韓国美術のチャンスか危機か(1)

    2022.09.05 11:25
    뉴스 메뉴 보기
    アクアヴェッラ・ギャラリーが出品したピカソの1937年作『赤いベレー帽の女』。作品価格が600億ウォンに上る。[写真 フリーズ]
    TOP