주요 기사 바로가기

日本からも見に来た…初オープンした平昌「森の中の大邸宅」の秘密(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.05 08:50
0
◆BTSの足跡が残るリビングや寝室

午後2時20分、旅行客6人と一緒にIN THE SOOPに到着した。3棟の米国風の邸宅が目の前に現れた。高級住宅も印象的だったが、深い森から吹いてきた清涼な空気と遠くに見える雄壮な山々が特に素晴らしかった。一夜泊まって星を見たり日の出を見たりできたらもっとよいが、ツアー時間は1時間30分に制限されている。

「これ、JIMINが演奏したギターじゃない?」「ここがJ-HOPEが寝た部屋だって!」「RMが推薦した本もあるよ!」

訪問客は一様に、忙しく邸宅をあちらこちらと見学しながらメンバーの名前を呼んで歓呼していた。放送でメンバーが食事を作った台所、共同生活をしたリビングとジム、書斎から各メンバーの寝室までがそのまま再現されていた。野外プールの近くのベンチに座って秋の日差しを満喫し、バスケットボール場でボールを投げる人々もいた。

訪問客は自身がArmyだと当たり前のように紹介した。日本人Armyもいた。東京からやってきたというアカネさんは「システムがオープンすると同時にIN THE SOOP STAYを予約して韓国を訪問した」とし「メンバー1人ひとりの跡を感じることができてとても感激。うれしい」と話した。アカネさんは「HYBE INSIGHT」のようなBTSの名所も訪問する予定だという。

IN THE SOOP STAYの1泊の価格は客室タイプや日によって30万~50万ウォン(約3万880~5万1470円)となっている。現在11月30日まで予約が可能だ。冬季パッケージ商品もまもなく公開される予定だ。フェニックス平昌のソン・ホヨン総支配人は「世界的なアーティストの好みと日常を余暇コンテンツとして作り宿泊商品と組み合わせた事例はIN THE SOOP STAYが最初」とし「BTSファンだけでなくヒーリングと休息を求めている人なら誰でもIN THE SOOP STAYを通じて自然の中で休息することをエンジョイしてほしい」と話した。

日本からも見に来た…初オープンした平昌「森の中の大邸宅」の秘密(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本からも見に来た…初オープンした平昌「森の中の大邸宅」の秘密(2)

    2022.09.05 08:50
    뉴스 메뉴 보기
    メイン建物にある簡易ジム。BTSメンバーが利用した運動器具がそのまま置かれている。
    TOP