주요 기사 바로가기

【韓国輸出緊急診断】このままではいけない…中国・半導体による錯視が消えると「暗鬱」

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2022.09.03 10:47
0
「錯視と錯覚が消えると『灰色のサイ』(波及力は大きいが看過されやすいリスク)が目に映り始めた」。8月の韓国の貿易収支が過去最大の赤字になったことを受け、専門家らはこのように分析した。「中国錯視」「半導体錯視」が消えると、韓国の輸出の問題点が表れたのだ。尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は2日、「心配しなくてもよい」というメッセージを出したが、産業界と専門家はこのまま進めば韓国の輸出がさらに大きな危機に直面すると懸念している。

産業通商資源部によると、8月の貿易赤字は94億7000万ドルと、関連統計を出し初めて以降の最大額となった。今年1-8月の貿易赤字も247億2700万ドルで過去最大だ。韓国の輸出の素顔が表れたのは2本の軸をなす「中国」「半導体」輸出に亀裂が生じた影響だ。韓国の最大輸出国の中国は都市封鎖などで景気が冷え込み、対中輸出が減少している。しかし需要が急増した電気自動車バッテリーの素材などの中国依存度が高まりながら中国からの輸入は急増し、対中貿易収支は5月から4カ月連続でマイナスとなった。

韓国経済を支えていた半導体は世界的な景気沈滞で需要が減少し、上半期に輸出物量が減り始め、先月から減少に転じた。韓国の主力商品のメモリー半導体は中国の激しい追撃を受けている。ウォン安ドル高による輸出増大効果も以前ほどではない。これまでは韓国企業の価格競争力につながっていたが、競争国の通貨も同時に下落している最近はこうした効果も期待しにくい状況だ。

最近の危機は単に原油・原材料価格の上昇によるものではないということだ。対外経済政策研究院のイ・サンフン北京事務所長は「中国市場が沈滞し、半導体が停滞すると、韓国輸出の虚弱体質がそのまま表れた」と述べた。貿易収支が悪化する中、韓国銀行(韓銀)は先月25日、年間経常収支の目標値を年初の500億ドルの黒字から370億ドルの黒字に下方修正した。尹大統領は2日、「経常収支は300億ドル以上の黒字が予想される」とし「対外財務健全性についてはそれほど心配する状況ではない」と強調した。しかし国内総生産(GDP)の80%以上を占める輸出入に問題が生じれば、韓国経済が危機から抜け出すのは難しい。対外経済政策研究院のキム・ジョンドク貿易通商室長は「いくつかの原因が複合的に作用していて、現在の状況が短期間に変わることは考えにくい」と話した。

専門家らは中国・半導体に依存した輸出構造を改善しなければ貿易赤字が固着化するため、体質改善を急ぐべきだと口をそろえる。韓国開発研究院(KDI)のソン・ヨングァン研究委員は「米国は世界貿易機関(WTO)規定違反の余地がある法案まで作って特定産業を管理している」とし「韓国政府と産業界も輸出に寄与する商品を守り、新しい市場を発掘するための特段の対策を用意する必要がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【韓国輸出緊急診断】このままではいけない…中国・半導体による錯視が消えると「暗鬱」

    2022.09.03 10:47
    뉴스 메뉴 보기
    釜山港
    TOP