주요 기사 바로가기

台風11号「上陸もしていないのに屋根が飛んでいった」 日本パニック

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.02 14:55
0
台風11号「HINNAMNOR(ヒンナムノー)」の影響で日本では2日、全国的に不安定な天気となっている。すでに台風の影響圏に入った沖縄では今後「一部の住家が倒壊するおそれもある猛烈な風の吹く所がある見込み」と日本気象庁が明らかにした。

NHKによると、台風11号は2日午前6時現在、沖縄南部380キロメートル海上に停滞している。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルだ。中心半径95キロメートル以内では風速25メートル以上の強い暴風が吹いている。

台風はその後ゆっくり動き、3日夜には沖縄近隣の先島諸島に接近するとみられると気象庁は明らかにした。先島一帯には3日から4日にかけて暴風となり、「一部の住宅が倒壊するおそれもある猛烈な風が吹く見込み」とNHKは伝えた。

3日、先島の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルに達することが予想され、海上は10メートルの猛烈なしけとなる見込みだと気象庁は予想している。

これに先立ち、NHKは先月31日、沖縄で時速92キロメートルの強風が吹いたと伝えた。当時の映像では激しい風で木が道路側に倒れ、家屋の屋根などが吹き飛んだ。電信柱が風で中心を失って揺れている様子も確認された。

一方、日本では前線や湿った空気の影響で、全国的に大気の状態が不安定になり局地的に雨雲が発達している。

東京でも2日午前から激しい雨が降り、台風が移動する今後3日間、大気の不安定な状態が続いて雷とともに強い雨が降るとみられるとNHKは伝えた。

沖縄では本島と近隣島をつなぐ航空便と船便が相次いで欠航になるなど被害が発生している。地方自治体は住民たちのために避難所を開設した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    台風11号「上陸もしていないのに屋根が飛んでいった」 日本パニック

    2022.09.02 14:55
    뉴스 메뉴 보기
    千里眼2A号衛星が捉えた台風11号「ヒンナムノー」[写真 韓国気象庁]
    TOP