주요 기사 바로가기

電気自動車補助金差別への対応に乗り出す韓国…米通商代表部と協議開始

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.31 09:05
0
韓米両国政府が米国のインフレ抑制法(IRA)制定に伴う韓国製電気自動車(EV)差別問題に対応するための本格的な協議に着手した。

米国通商代表部(USTR)は30日(現地時間)、報道資料を通じて韓国産業通商資源部新通商秩序戦略室の安城逸(アン・ソンイル)室長とセラ・ビアンキUSTR副代表の面談便りを伝えた。

USTRは「ビアンキ副代表と安室長が両国国民と地球の繁栄・安保など幅広い問題について議論した」とし、このために「両国の緊密な協力と強力な貿易関係を強調した」と明らかにした。あわせて「両側がインフレ抑制法に伴うEV補助金問題に関連した韓国の懸念についても議論した」と付け加えた。

安室長をはじめとする韓国企画財政部のソン・ウンギ通商懸案対策班長、外交部イ・ミヨン両者経済外交局長などで構成された政府合同代表団は米国政府とEV補助金問題について話し合うために前日ワシントンに到着した。代表団はこの日、USTRだけでなく商務省の関係者にも会い、EV問題に対する議論を継続した。

代表団はこの日の会合で韓国政府の懸念を伝達する一方、ヒョンデ(現代自動車)の北米EV工場が完工する2025年まで該当条項を猶予するなどの法改正を要請したことが伝えられた。

また、補助金支給対象になるEVの最終組み立て国基準を北米だけでなく韓国など自由貿易協定(FTA)締結パートナーまで含む方案も提示したという。

今月16日にジョー・バイデン大統領が署名したインフレ抑制法に基づき、今後米国は北米で生産されたEVだけに補助金が給付されることになった。全量韓国内で生産して輸出している現代・起亜車のEV輸出には赤信号が灯ったといえる。

この日USTRは「今後数週間、両者がこの問題に対して緊密な接触を維持することで合意した」と伝えた。

これに伴い、来週直ちに安徳根(アン・ドクグン)通商交渉本部長がワシントンを訪問し、高官協議を進める予定だ。来月8~9日、ロサンゼルスで開かれるインド太平洋経済枠組み(IPEF)出席するために訪米する中で、韓国製EV補助金問題についても話し合うという計画だ。安本部長に続いて産業通商資源部の李昌洋(イ・チャンヤン)長官も近く訪米を推進している。

また、来月18~20日に開かれるニューヨーク国連総会でも韓国EV補助金差別問題が取り上げられる可能性がある。総会期間、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領とバイデン大統領の会談が開催される場合、関連の議論が行われる可能性が高い。

代表団は31日までワシントンに留まって財務省・国務省の関係者と相次いで会い、改善対策について協議する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    電気自動車補助金差別への対応に乗り出す韓国…米通商代表部と協議開始

    2022.08.31 09:05
    뉴스 메뉴 보기
    米国の韓国製電気自動車(EV)補助金差別問題に対応するために政府合同代表団と共にワシントンを訪れた産業通商資源部新通商秩序戦略室の安城逸(アン・ソンイル)室長(左側)は30日(現地時間)、米国通商代表部(USTR)と商務省の関係者に会った。[写真 ワシントン=イ・グァンジョ記者]
    TOP