주요 기사 바로가기

韓国統一部長官「北朝鮮の態度を変えるなら米中と協力して全面的な支援を引き出す」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.30 11:44
0
権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官が30日、「北朝鮮が今の態度さえ変えれば、米国、中国などと協力して国際社会の全面的な支援を引き出すだろう」と述べた。

権長官は同日、ソウル中区(チュング)ミレニアム・ヒルトン・ソウルで開かれた「2022韓半島国際平和フォーラム」の開会の辞を通じて、「北朝鮮が韓国の提案を真剣に検討し、建設的な姿勢で対話に乗り出すことを心から願う」とし、新政権の対北朝鮮非核化ロードマップ「大胆な構想」を発表した。

また、「大胆な構想」を通じて「韓半島(朝鮮半島)の平和と南北の経済的繁栄を実践的に模索する」とし「北朝鮮が提起する、いわゆる体制安全問題なども韓米間協力を土台に北朝鮮と協議していく」と明らかにした。

権長官は「北朝鮮が望むいかなる議題に対しても真剣に協議できる開かれた提案」とも強調した。また、「対話が始まれば虚心坦懐に要求事項を語り、実用的かつ柔軟な姿勢で協議し、実質的な解決策を講じていく」と説明し、「大胆な構想に向けた対話の実践は韓半島や北東アジア、ひいては世界平和の足場になり、韓米朝対話につながる飛び石になるだろう」と期待を示した。

権長官は「南北対話だけでなく、米朝対話の再開も実現するよう支援していくつもりであり、これを南北対話に発展させて非核化を成し遂げる実質的な疎通空間を用意する」とし、韓米同盟を強調した。

また、歴代政府の対北朝鮮政策に言及し、「保守政権は約束自体を疎かに市、進歩政府は約束を実践する能力が足りなかった」と評価し、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府はこれまでどの政府とも違うだろうと自信を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国統一部長官「北朝鮮の態度を変えるなら米中と協力して全面的な支援を引き出す」

    2022.08.30 11:44
    뉴스 메뉴 보기
    権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官(右)。
    TOP