주요 기사 바로가기

<バスケット>韓国U-18代表、日本に勝利してアジア制覇

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.29 15:07
0
韓国U-18(18歳以下)バスケットボール代表が日本を破って22年ぶりにアジアを制した。

韓国は28日(韓国時間)、イラン・テヘランのアジャディバスケットボールホールで開催された2022国際バスケットボール連盟(FIBA)U-18アジアチャンピオンシップ(アジア選手権大会)の決勝で日本に77-73で逆転勝ちした。パン・ソンユンを主軸に2000年マレーシア大会で優勝して以来22年ぶり、通算4度目の優勝だ。

第4クォーターで68-71とリードされていた韓国は、終了2分32秒前にイ・ヘソルが3点シュートを決めた。73-73だった終了23秒前にはイ・ジュヨンがボールを奪ってパスを出し、イ・ヘソルが速攻レイアップで終えた。終了1秒前にはイ・ジュヨンが得点した。

身長189センチのガードのイ・ジュヨンは決勝で28得点した。今大会で平均得点1位(23.2点)となり、大会MVP(最優秀選手)とベスト5に選ばれた。「バスケット大統領」許載(ホ・ジェ、57)が1984年にソウルで開催されたアジアユースバスケットボール選手権大会(ABC青少年大会)で優勝に貢献したが、勝利への執着心が強いイ・ジュヨンが許載のように勝負どころで活躍した。

「コートの魔術師」姜東熙(カン・ドンヒ、56)の長男、ガードのカン・ソンウクも優勝に貢献した。準決勝では中国に19点差で逆転勝ちした。カン・ソンウクは中国戦で3点シュート4本を含む26得点7アシスト6リバウンドをマークした。特に終了まで2分35秒を残して決定的な逆転3点シュートを決めた。父カン・ドンヒのようにコブラを連想させるシュート姿勢も似ていた。

カン・ソンウクは決勝では得点なく6アシスト3スティールをマークした。父カン・ドンヒと比較するとシュートリリースがやや遅い方だ。それでもカン・ソンウクは今大会で父のように鋭いスティールなどを見せ、成長の可能性を見せた。

平均身長192センチの韓国は今大会で身長の劣勢を克服した。イランは平均身長が200センチ、中国は198センチで、日本は191センチ。オーストラリアとニュージーランドが参加しなかったが、韓国はイラン(準々決勝)、中国(準決勝)、日本(決勝)を連破した。イランと中国、日本はバスケットボールシステムに多くの投資をしているアジアの強豪だ。

韓国のイ・セボム監督(現龍山高校コーチ)が2、3週間の短い準備期間に3-2ドロップゾーンを武器にうまくチームを作った。小さな選手が大きな選手に守備する時はトラップとマンツーマンを使った。ガードのイ・ジュヨン、カン・ソンウク、イ・チェヨンが前線で速いトランジションを見せた。イ・チェヨンはイ・フンジェ男子バスケット代表コーチの息子だ。

イ・セボム監督は「チームの守備を補完し、相手の動きを分析した。今日の試合の殊勲賞は選手12人全員だ。タイトな日程でコンディションは最悪だったが、みんなが頑張った」と話した。

イ・ジュヨンは「大韓民国のバスケットを見せることができたようでうれしい。日本戦の最後の攻撃で得点した時、優勝を確信してとても幸せだった。準々決勝ではホームチームのイランに勝利し、準決勝では中国に大逆転し、決勝では言うまでもなく韓日戦で勝利できて本当にうれしかった」と所感を語った。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <バスケット>韓国U-18代表、日本に勝利してアジア制覇

    2022.08.29 15:07
    뉴스 메뉴 보기
    韓国U-18バスケットボール代表が28日、イランで行われたU-18アジアチャンピオンシップ決勝で日本に勝利し、優勝を果たした。姜東熙(カン・ドンヒ)の息子カン・ソンウク(左)ら選手がトロフィーを掲げて喜んでいる。 写真=FIBA
    TOP