주요 기사 바로가기

100年ぶりに実現…11月に大リーグ連合チームが訪韓し試合

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.28 11:29
0
100年ぶりに米大リーグ(MLB)の選手が韓国を訪問する。11月にMLBのスター選手たちがソウルと釜山(プサン)に招かれ試合をする。

韓国野球委員会(KBO)は26日、「MLB事務局と11月に釜山とソウルで『MLBワールドツアー:コリアシリーズ2022』親善試合4試合を行うことにした」と明らかにした。KBOはプロ野球発足40周年を記念してMLBの韓国訪問を推進していた。

今回のMLBワールドツアーは11月11日・12日に釜山の社稷(サジク)球場、11月14・15日にソウル・高尺(コチョク)スカイドームで2試合ずつ、合わせて4試合を行う。KBOリーグで活躍する韓国選手が大リーガーと試合をする。

KBOは「MLBを代表する各チームの選手団が韓国を訪問して試合をするのは、1922年から100年ぶり。KBOとMLBの最高級スター選手が親善試合に参加する予定」と説明した。

100年前にMLBはケーシー・ステンゲル、ウェイト・ホイト、ハーブ・ペノックらでチームを構成した。日本の東京と中国の上海で親善試合を行った後、韓国を訪問してYMCA野球団と親善試合をした。1958年にはセントルイス・カージナルスが韓国を訪問したが単一チームだった。セントルイスは当時スタン・ミュージアルが活躍しており、当時の李承晩(イ・スンマン)大統領が始球式をした。

MLB事務局のクリス・マリナック戦略運営担当官は「MLBの歴史的な今回の釜山・ソウル ツアーが非常に期待される。今回のツアーは9月17日に開かれる『FTX MLBホームランダービーXソウル』に続き開かれる重要なイベントだ。MLBは数年以内に『定期的に開かれる野球大会開催』を準備している。今回のツアーはマクロ的な計画の一環」と明らかにした。

続けて「韓国はMLBオールスターだった朴賛浩(パク・チャンホ)、秋信守(チュ・シンス)、柳賢振(リュ・ヒョンジン、トロント・ブルージェイズ)、崔志万(チェ・ジマン、タンパベイ・レイズ)らを輩出するなどMLBで大きな成果を作った豊富な野球の伝統を持っている国だ。MLB選手労組とともに今回の大会が実現するよう努力したJ1カンパニーとKBOに感謝の言葉を伝えたい」と付け加えた。

MLB選手労組のルノー・コロン運営常務は「長い野球の歴史を持ち、豊富な野球知識とともに野球の楽しみ方を知っているファンがいる韓国はMLB選手労組が持続して追求する『野球のグローバル化』を推進する最適な場所」とMLBワールドツアーコリアシリーズ開催を歓迎した。

MLB事務局と労組は「野球のグローバル化」を目標に、2026年までアジア、中南米、欧州などで16回のデモ試合、24回の正規シーズン試合を行うという抱負を明らかにしている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    100年ぶりに実現…11月に大リーグ連合チームが訪韓し試合

    2022.08.28 11:29
    뉴스 메뉴 보기
    大会ロゴ
    TOP