주요 기사 바로가기

メッシも触れたことのないFIFAトロフィーが韓国に…リバウド「韓国ベスト4に決勝期待」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.24 17:41
0
「2002年のワールドカップでブラジルが優勝し、韓国がベスト4の快挙を成し遂げた。韓国はとても良い監督と選手を持ち、2002年の栄光を今年も(カタール大会で)成し遂げるだろう」。

20年前の韓日ワールドカップでブラジルの優勝を率いた「悪魔の左足」ことリバウドの話だ。リバウドは24日にソウルで行われた国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップトロフィー公開イベントに「FIFAレジェンド」として参加し1人だけトロフィーを持ち上げた。

神が許した男だけ持つことができるというそのトロフィーだ。リバウドのようにワールドカップ優勝経験がある選手や国家元首だけが直接触れることができる。ワールドカップ優勝経験がないメッシ(アルゼンチン)が2014年のワールドカップ決勝でドイツに敗れた後、人波の中でこのトロフィーをぼんやりと眺める姿が話題になった。

11~12月に開催されるワールドカップ・カタール大会で優勝国に贈られるトロフィーがこの日特別チャーター機で韓国にやってきた。19日にFIFA本部があるスイスのチューリッヒを出発し、11月まで本戦進出32カ国を巡回するが、アジアで最初に韓国に到着した。ワールドカップのスポンサーであるコカ・コーラが2006年から5回にわたって行っているツアーイベントで、韓国にきたのは2014年に次いで8年ぶり、4回目だ。25日に韓国のファンも近くで見られるようになる。

純金で作られたトロフィーの重さは6.142キログラムだ。下段の台座から上に伸びた両手が地球を支える姿を形象化した。2人の選手が勝利を満喫する決定的な瞬間を表現したものだ。1974年の西ドイツ大会から授賞式の時だけ優勝国に渡された後、FIFAがすぐに回収して本部内の金庫に保管する。代わりに優勝国はオリジナルトロフィーを模したレプリカが贈られ永久所蔵できる。

以前のトロフィーである「ジュール・リメ・トロフィー」が2回も盗まれた余波だ。1970年の優勝国のブラジルに永久譲渡された後、1983年に盗まれてからFIFAがワールドカップトロフィーを永久に保管するよう規定を変えた。

この日のイベントに参加した2002年ワールドカップ準決勝の主役朴智星(パク・チソン、現全北現代アドバイザー)は「孫興民(ソン・フンミン)が最初のワールドカップで1ゴール、2度目の大会で2ゴールを決めた。3度目のワールドカップで3ゴールを入れて最多ゴール記録を立てるだろうと信じて疑わなかった」と話した。朴智星と孫興民、安貞桓(アン・ジョンファン)が韓国でワールドカップ最多ゴールの3ゴールの記録を持つ。

また、朴智星は「客観的な戦力で率直に韓国のベスト16進出の可能性は高くないと考える。だがサッカーでボールは丸い。2002年に韓国がベスト4になるだろうとだれも予想できなかった。代表チームがどれだけ準備して努力したかによりワールドカップの成績は変えられる。最終成績は見守らなければならない」と話した。

韓国サッカーのレジェンドである車範根(チャ・ボムグン)は「トロフィーを見るたびに胸が高鳴る。孫興民と比較されること自体が光栄だ。私たちの時代には私が一番うまく、朴智星の時代には朴智星が一番うまく、いまは孫興民が最高だ。韓国がカタールでベスト8に進むことを希望する」と話した。

トロフィーレプリカをプレゼントされたパウロ・ベント韓国代表監督「実物と違ってとても小さく勝利を感じられる言うには足りない」と冗談を言った後、「ワールドカップ勝利はみんなの夢であり、私たちも夢に向け準備している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    メッシも触れたことのないFIFAトロフィーが韓国に…リバウド「韓国ベスト4に決勝期待」

    2022.08.24 17:41
    뉴스 메뉴 보기
    サッカー韓国代表チーム
    TOP