주요 기사 바로가기

「為替ショック」が襲った韓国証券市場…KOSPIは1.21%下落、KOSDAQは800ポイント割れ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.22 18:02
0
米連邦準備制度理事会(FRB)の積極的な利上げの見通しが浮上しウォン相場が13年4カ月来の安値水準に急落した。ドル高で危険資産に対する回避心理が高まり、22日のKOSPI指数は前日より1.21%安の2462.50で取引を終えた。KOSDAQ指数もやはり前日比2.25%下落の795.87で取引を終え800ポイントを割り込んだ。KOSDAQ指数が800ポイントを下回ったのは先月7月28日から17営業日ぶりだ。

この日有価証券市場で機関投資家は2376億ウォンを売り越し指数を引き下げた。機関投資家はサムスン電子(751億ウォン)、ハイニックス半導体(289億ウォン)、サムスンSDI(187億ウォン)など時価総額上位銘柄とともにこの日上場したソカー(164億ウォン)、最近下落幅が大きかったカカオペイ(118億ウォン)を集中的に売った。個人投資家は1308億ウォン、外国人投資家は1192億ウォン相当を買い越した。

KOSDAQ市場でも機関投資家は1854億ウォン相当を売り越した。個人投資家が1505億ウォン相当を買い越し、外国人投資家も426億ウォンを買い越した。

ドル高が進みウォン相場は1ドル=1335.50ウォンで引けた。2009年4月29日1340.70ウォンから13年4カ月来の安値水準だ。メリッツ証券のハ・インファン 研究員は「米国発の緊縮懸念にユーロ安まで重なりウォンの下落幅が大きくなり指数を引き下げた。ジャクソンホール会議を控え不確実性が大きくなった状況」と診断した。

市場の目はジャクソンホール会議で演説する予定のFRBのパウエル議長の発言に集まっている。マーケットウォッチは「パウエル議長は『景気低迷を甘受しても米国の高いインフレを抑える』というメッセージを出すだろう」という見通しを出した。

これにより19日のダウ平均が0.86%、S&P500が1.29%、ナスダック指数が2.01%などそろって下落した。インフレピーク論に対する期待感が低くなり、アマゾンが2.9%安、テスラが2.1%安など、大型ハイテク株が下落し、フィラデルフィア半導体指数も2.8%の下落で引けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「為替ショック」が襲った韓国証券市場…KOSPIは1.21%下落、KOSDAQは800ポイント割れ

    2022.08.22 18:02
    뉴스 메뉴 보기
    KOSPI
    TOP