주요 기사 바로가기

<ゴルフ>PGAで活躍のキム・ジュヒョン、世界19位に浮上…韓国選手最高

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.18 11:39
0
プロゴルファーのキム・ジュヒョン(20)は2021-22シーズン米プロゴルフ(PGA)ツアー10大会に出場した。最初の3大会の成績はそれほど良くなかった。しかし初夏に開催された全米オープンからの7大会は好調でセンセーションを巻き起こした。夏のキム・ジュヒョンの活躍は驚くほどだ。

PGAツアーによると、キム・ジュヒョンは6月の全米オープン以降「ストロークゲインド(Stroke gained):アプローチ」部門で4位だ。「ストロークゲインド:総合」の順位は5位、パットは12位で、平均スコアは8位。

「ストロークゲインド:アプローチ」はグリーン攻略能力を表す。アイアンまたはハイブリッドなどでグリーンを攻略する時、参加選手の平均よりどれほど打数を稼いだかを表す統計だ。4位のキム・ジュヒョンはPGAツアーでアイアンが4番目に優れているということだ。パット能力は12位であり、全体の実力は5位。

アイアンの記録は重要な統計となる。一般的にアイアンをうまく打つ選手がゴルフの実力が優れている選手として認識される。スコアとの相関関係も最も高い。タイガー・ウッズはアイアンで皇帝になった。

17日現在、PGAツアーのアイアン順位はウィル・ザラトリス、ラッセル・ヘンリー、コリン・モリカワの順だ。キム・ジュヒョンの全米オープン以降の記録は4位に該当する。キム・ジュヒョンは規定ラウンドをまだ満たしていないためランキングに入っていない。順位に入ればキム・ジュヒョンの後ろにキャメロン・スミス、ジャスティン・トーマス、松山英樹、スコッティ・シェフラー、トニー・フィナウ、サム・バーンズ、ビクトル・ホブランが並ぶ。世界ランキング1、2位のシェフラーやスミスを含む選手がキム・ジュヒョンの後ろにいるということだ。

キム・ジュヒョンはパット能力も高い方(12位)だ。鋭いアイアンショットで作ったチャンスをうまく生かしている。キム・ジュヒョンは3Mオープン第2ラウンドからプレーオフ第1戦フェデックス・セントジュード選手権第4ラウンドまで15ラウンド連続でイーブンまたはアンダーパーをマークした。現在この部門でトニー・フィナウと並んで2位タイ。フィナウはこの期間に2大会連続優勝するなど人生最高の競技をしている。

キム・ジュヒョンは3Mオープン第2ラウンドから15ラウンドの平均が67.13打。最少打数は61打だった。66打以内のスーパーラウンドが6回あった。

ウィンダム選手権の第1ラウンドでキム・ジュヒョンはパー4の最初のホールでクアドラプルボギーを叩きながらも67打にまとめた。最初のホールでダブルパーを叩きながらアンダーパーをマークしたのは2003年以降3回しかない記録だ。キム・ジュヒョンはこの大会で最終ラウンド61打をマークし、5打差をつけて圧倒的な優勝を果たした。最初のホールでダブルパーを叩いて優勝した選手はPGAツアーが記録を始めてから40年間で一人もいない。

キム・ジュヒョンは8日にウィンダム選手権で優勝するまでPGAツアーの非会員だった。キム・ジュヒョンはまだ20歳だ。慣れていないコースで外国人としてこうした好成績を出した。キム・ジュヒョンの世界ランキングは19位に浮上した。韓国選手の中で最高だ。キム・ジュヒョンのPGAツアー入りは崔京周(チェ・キョンジュ)やパク・セリの挑戦のようにドラマチックだ。

昨年はPGAツアー進出のために遠征し、2週間の隔離を3回も経験した。この夏、キム・ジュヒョンは途方もないエネルギーを発散している。キム・ジュヒョンは没入するタイプの選手だ。競技中は疲れを知らない。こうした没頭の中で61打、63打という驚くほどの記録を生み出した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ゴルフ>PGAで活躍のキム・ジュヒョン、世界19位に浮上…韓国選手最高

    2022.08.18 11:39
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ジュヒョン
    TOP