주요 기사 바로가기

クリミア半島でまた疑問の爆発…ウクライナ「ロシアの補給線断つ」と警告

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.17 17:40
0
ウクライナ南部クリミア半島で疑問の爆発が相次ぐ中で、ウクライナ軍はクリミア半島のロシア軍の補給線を断つために追加攻撃を継続すると予告した。16日にクリミア半島北東部のジャンコイに近いロシア軍部隊の弾薬庫で爆発が起きた。9日に南部のサキ空軍基地で爆発が起きてから1週間ぶりだ。

ウクライナ大統領府のポドリャク顧問はこの日、英日刊紙ガーディアンとのインタビューで、「今後2~3カ月間にクリミア半島の鉄道と空軍基地などにさらに多くの攻撃があるだろうというロシア国防省の意見に全面的に同意する。今後そうしたことがさらに多く発生するだろう」と話した。

彼は「われわれの戦略は補給線と軍需品、弾薬倉庫とその他の軍事基盤施設を破壊すること。物資と弾薬の不足状況を誘発し敵軍を無力化する作戦」と説明した。また「占領地のロシア軍内部に混乱を作るための反撃」とも付け加えた。

特にクリミア半島とロシア本土をつなぐクリミア大橋が標的だと強調した。クリミア大橋は2014年にロシアがウクライナを強制併合した後に建設した橋だ。ポドリャク顧問は「(橋は)クリミア半島に向かう主要補給路であり違法建築物。そのような施設は破壊しなければならない」と主張した。

彼はロシア軍がウクライナ侵攻初期に大規模な軍部隊の行列が補給問題で停滞した点を指摘し、「ロシア軍に反撃するためには大規模兵力が必要そうだが、そうではない。われわれは60~70年代の戦術を使わない」と付け加えた。

クリミア半島での爆発事故に対しウクライナ政府は口を閉ざしているが、外信はウクライナ軍が介入したという状況があると伝えた。ニューヨーク・タイムズはウクライナ高位当局者の話として「今回の弾薬庫爆発は敵軍の背後で活動するウクライナ軍精鋭部隊の作戦」と報道した。ポドリャク顧問もツイッターに「正常なクリミア半島は観光・休養地だがロシアが占領したクリミア半島は爆発と侵略による死亡リスクが高い」と投稿し、攻撃の可能性を示唆した。

ロシア国防省はこの日声明を通じ「(ウクライナの)サボタージュ(秘密破壊工作)で発生した事件」と明らかにした。ロシアは以前のサキ空軍基地爆発事件に対してはウクライナの攻撃の可能性を一蹴した。ロシアのこうした立場変化に対して同紙は「ロシアが戦争が自国領土と見なす所に広がっていることを認めた」と伝えた。

ウクライナは最近米国が支援した高機動ロケット砲システム(HIMARS)を前面に出して南部戦線でロシア軍の戦略施設を集中攻撃中だ。ジャンコイ地域のロシア軍の弾薬庫もHIMARSで攻撃したものとされる。同紙よるとロシア政府関係者は「今回の爆発で民間人最小2名が負傷し、3000人が避難した」と明らかにした。

同紙は「クリミア半島攻撃はウクライナ軍の戦術がますます積極的に変化していることを見せる。クリミア半島を22年の執権の核心業績に掲げたロシアのプーチン大統領の政治的立地に対する挑戦」と分析した。ドイツメディアのドイチェベレも「クリミア半島に対する攻撃は戦争がロシア領土に飛び火したことを意味し、これは戦争がさらに高まることを示唆する」と伝えた。

これに先立ち9日にはクリミア半島のサキ空軍基地で爆発があり、先月31日にはロシアの「海軍の日」記念行事を控えセバストポリでドローン攻撃があり6人が負傷した。ウクライナ政府は相次ぐ爆発事故に対し責任はないという立場を明らかにした。

クリミアはロシアが2014年の併合後に自国領土と見なしており、ロシアの地政学的要衝地に選ばれる。戦争初期にロシアが占領したヘルソンなど南部戦線に向かうにはクリミアを通らなければならない。また、セバストポリ港は年間を通じて凍結しない不凍港で、ロシア軍の黒海艦隊が駐留している。

これに先立ち先月にロシア国家安全保障会議のメドベージェフ副議長は「クリミアを攻撃する場合、ウクライナの『審判の日』になるだろう」と警告した。また、プーチン大統領は昨年末「ウクライナのクリミア奪還努力はロシアと北大西洋条約機構(NATO)の全面戦争を触発しかねない」と話した。

ウクライナも退くことはできない立場だ。ウクライナのゼレンスキー大統領はこれに先立ちサキ空軍基地爆発直後に「クリミアで始まった今回の戦争をクリミア解放で終えなければならない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    クリミア半島でまた疑問の爆発…ウクライナ「ロシアの補給線断つ」と警告

    2022.08.17 17:40
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナのゼレンスキー大統領
    TOP