주요 기사 바로가기

韓国与党代表の発言に尹大統領の演説が埋もれた…妙なタイミング(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.16 15:25
0
党内でも李代表に対する批判が強まっている。金炯オ(キム・ヒョンオ)元国会議長は自身のホームページに李代表の問題として、党に対する不満、既存勢力に対する不信感、不足した公人意識の3つを挙げた。羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)元議員はこの日、ラジオ番組で李代表が「あいつ」発言に言及したことについて「(正しい未来党時代に)安哲秀(アン・チョルス)議員に暴言をした。それを問題にしたところ『私的な場でのことなので問題ない』と本人が話した」と指摘した。

李代表と近かった洪準杓(ホン・ジュンピョ)大邱市長もフェイスブックに「もう李俊錫シンドロームはない」とし「暴言を吐いて駄々をこねる姿は見ていられない」と書いた。「国民の力を立て直す」を設置して李代表を支援したシン・インギュ元国民の力常勤副報道官さえもラジオ番組で「(李代表は)あまりにも率直だった」とし「拒否感も明確にあるのに、その部分が惜しまれる」と話した。

◆「仮処分が認容されれば、尹大統領側近が政界再編も」

李代表が申請した仮処分申請のその結果は、早ければ17日に出る予定だ。その結果によって李代表と国民の力の運命も決定する。

仮処分が認容される場合、非常対策委への転換は原点に戻り、李代表は代表職を維持することになる。李代表はCBSユーチューブに出演し、「(仮処分申請が)認容されれば、誰かが創党しようとするだろう」と話した。李代表は「私は創党しない」とし「(尹大統領の側近らが)政界再編のようなものを図るのではないだろうか」と話した。

いわゆる尹大統領側近の「李俊錫追放」が裁判所の決定で無に帰することになれば創党作業が始まるという意味だ。半面、仮処分申請が棄却されれば、李代表の世論戦も力を失うとみられる。

一方、李代表は自身が全党大会に出馬すれば「尹大統領の側近が名誉ある引退ができるように道を開く(と出馬宣言をする)」とし「今回の全党大会はそれ一つで終わる」と述べた。

韓国与党代表の発言に尹大統領の演説が埋もれた…妙なタイミング(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党代表の発言に尹大統領の演説が埋もれた…妙なタイミング(2)

    2022.08.16 15:25
    뉴스 메뉴 보기
    15日、ソウル龍山(ヨンサン)大統領室庁舎の広場で開かれた「第77周年光復節慶祝式」で演説する尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領。 大統領室写真記者団
    TOP