주요 기사 바로가기

準優勝だけ22回の韓国ゲーマー、ポーカーで世界チャンピオンに(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.16 14:15
0
◆「極度の心理戦、スタークラフトと通じる」

テキサスホールデムは代表的なポーカーゲームだ。普通2-9人がテーブルに座り、チップが消耗すれば脱落するというルールだ。

ホン・ジンホはプロゲーマー時代、非常に攻撃的だった。ホン・ジンホは「プロゲーマー時代は攻撃が最高の防御だと考えていた。ポーカーでは攻撃的に出ればすべてのチップを失いやすい。良いカードが出るまで我慢する平常心が要求される。同時に良いカードを持ったようにアクションを取って相手を棄権させるブラフも必要だ。ポーカーは運ではなく100%実力が存在する」と話した。

最近、国内にもホールデムとビールを楽しむことができる「ホールデムパブ」ができている。しかし依然としてポーカーを「賭博」として眺める視線が多い。ホン・ジンホは「2000年代初期のプロゲーマーを見る認識と似ている。親戚に職業を尋ねられてもプロゲーマーとは言えなかった。ところがもうeスポーツはスポーツ、文化として定着した。海外ではポーカーがすでにメンタルスポーツとして脚光を浴びていて、テレビ中継もされている」と伝えた。

またホン・ジンホは「ゲームのようにポーカーも観点と接近方式により賭博にもプロフェッショナルゲームにもなり得る」とし「多くの人が賭博として接近した後、一度にオールインして身を滅ぼすケースが多い。しかしポーカープレーヤーは相手選手の性向と確率を基盤に数学的に接近する。資金管理(バンクロール)、ルールと法則、参加期間などを考慮しなければいけない」と説明した。

ポーカーゲームは米国が強いが、最近は韓国人も国際大会で好成績を出している。ホン・ジンホは「ポーカーゲームに対する認識が良くなることを望む。ゲームがそうであったように、ポーカーを日の当たるところに引き上げたいという思いでインタビューに応じることになった」と語った。

今年10月にはアジアポーカー大会APL(アジアンポーカーリーグ)が韓国で開かれる。「まさかまた2位になるのでは」と冗談を言うと、ホン・ジンホは「いいえ。これから22回優勝したい」と言って笑った。

準優勝だけ22回の韓国ゲーマー、ポーカーで世界チャンピオンに(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP