주요 기사 바로가기

準優勝だけ22回の韓国ゲーマー、ポーカーで世界チャンピオンに(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.16 14:15
0
「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー(WSOP)は授賞式でチャンピオン国の国歌を流す。ポーカーの本場ラスベガスで愛国歌が流れたのは感動だった」。

先月12日に米ラスベガスで開催されたWSOPで優勝したホン・ジンホ(40)に最近、ソウル中区西小門洞(ソソムンドン)で会った。WSOPは1年ごとに開催される世界で最も権威のあるポーカー大会だ。「サッカースター」ネイマール(ブラジル)が6月に参加して話題になった。

◆「ナンバー2のトラウマを払拭…祝儀も22万ウォン」

2カ月間にいくつかの大会が開かれるが、ホン・ジンホが優勝した大会には865人がそれぞれ参加費1970ドル(約258万ウォン、約26万円)を出して出場し、3日間の激しい対決を繰り広げた。ファイナルテーブル、2人だけが残ったヘッズアップでホン・ジンホはタイのプンナット・プンスリに勝利した。Qのワンペアで勝利してチップ差を25倍に増やすと、スペードフラッシュ(7枚のうち柄が同じ5枚)で相手をオールインさせた。

ホン・ジンホは優勝のブレスレットと共に優勝賞金27万6067ドル(約3億6000万ウォン)を受けた。ホン・ジンホは同大会の3週前にラスベガスで開かれた「ウィンサマークラシック」メインイベントでも優勝し、賞金69万6011ドル(9億900万ウォン)を獲得した。両大会の賞金を合わせると12億6900万ウォンだ。

グローバルメディアのポーカーニュースは「元スタークラフト選手の『イエロー』ホン・ジンホがポーカー名誉の殿堂バウンティで優勝した」と紹介した。「イエロー」はホン・ジンホのスタークラフトのID。ホン・ジンホは2000年代のコンピューターゲーム「スタークラフト」で活躍したが、公式大会で優勝はなく準優勝22回だった。このため「2」はホン・ジンホを象徴する数字になった。ホン・ジンホは「知人の祝儀金も22万ウォンを出す」と言って笑った。2022年2月22日にはプロゲーマーのライバル、イム・ヨファン(42)と5年ぶりに対戦し、21万人が視聴した。その時もホン・ジンホは2回敗れた。

プロゲーマーで万年ナンバー2だったホン・ジンホは今年の国際ポーカー大会で2回優勝した。ホン・ジンホは「プロゲーマー当時は決勝に進めば必ず敗れて腹が立った。空軍ゲーム団に入隊してトラウマを払拭した。今は2位でもイシューになる。負担を抱かず気楽に臨んだことで優勝したようだ」と言って笑った。

ホン・ジンホは4年ほど前からポーカー選手として専業した。ホン・ジンホは「2011年に29歳でプロゲーマーを引退し、6年間ほど放送に出演した。激しい競争の中で暮らしてから引退すると、生活が退屈に感じられた。ゲームではもうお古だった。手遅れになる前にポーカーを勉強しようと決心した」と明らかにした。

その前にライバルのイム・ヨファンが先にポーカー選手に転向した。ホン・ジンホは「スタークラフトとポーカーは通じる部分がかなり多い。まず手が速くなければいけない。相手の種族とマップを考慮しなければいけないように、ポーカーも相手とジャンケンをするように極度の心理戦が求められる」と話した。ホン・ジンホは芸能ゲーム「ザ・ジーニアス」「ポーカーの神たちの戦争」でも優勝するほど頭が良い。

準優勝だけ22回の韓国ゲーマー、ポーカーで世界チャンピオンに(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    準優勝だけ22回の韓国ゲーマー、ポーカーで世界チャンピオンに(1)

    2022.08.16 14:15
    뉴스 메뉴 보기
    元プロゲーマーのポーカープレーヤー、ホン・ジンホが11日、インタビューに応じた。ホン・ジンホは先月12日、米ラスベガスで開催されたWSOPで優勝した。 チャン・ジンヨン記者
    TOP