주요 기사 바로가기

【時視各角】「ペロシ議長パッシング」を見る別の視線=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.16 11:04
0
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が3日に訪韓したナンシー・ペロシ米下院議長に会わなかったことをめぐり、さまざまな声が出ている。ペロシ議長は訪韓の前、中国の反対の中で台湾を訪問し、習近平政権の人権弾圧などを強く糾弾した。このため尹大統領の「ペロシ議長パッシング」は「中国を意識」した結果であり、米国に対する欠礼であり、韓米同盟を毀損する失策というのが批判論の要旨だ。

一見、一理ある主張だ。しかしこの論理は避けるべき大きな罠にはまった感じだ。ペロシ議長と米国を同一視した誤りがそれだ。ペロシ議長の台湾訪問についてはバイデン大統領自身と彼の外交・安全保障参謀、米軍部、そしてニューヨークタイムズ・ワシントンポストなど主流メディアの多くの論客が一斉に反対した。ウクライナ戦争を通じてロシアと間接戦争中の米国としては、中国を不必要に刺激してはいけないというのが核心論理だった。中国はロシアの最大友邦でありながらも軍事物資は与えなかった。予想よりウクライナ戦争が長期化し、ロシアの武器庫は底をついた。このような時に中国が攻撃用武器、特にロシアが懇請するドローンを渡せば戦争様相が変わる。さらにペロシ議長の訪問で台湾海峡内の緊張が高まり、偶発的な衝突が発生する場合、第3次世界大戦に飛び火することも考えられる。3期目を確定する11月の党大会を控えた習近平主席としては、米国に対する断固たる姿を見せなければならない状況だ。わずかな衝突にも中国が強く対応する公算が大きいということだ。台湾海峡で米中が衝突する場合、米国は欧州ではロシアと、アジアでは中国と2つの戦争を同時に進めなければならない。米軍部が恐れる最悪のシナリオだ。今年82歳で引退を控えたペロシ議長が台湾を訪問するのは「人権守護者」というイメージを残そうという欲のためという見方が多い。ペロシ議長の訪問をめぐりニューヨークタイムズの著名なコラムニスト、トーマス・フリードマン氏は「完全に無謀で、危険で、無責任」と批判したのもこのためだ。中国を嫌悪するトランプ前米大統領までが「ペロシ議長の台湾訪問は間違っている」と指摘した。

こうした理由でバイデン政権はもちろん、アジア周辺国もペロシ議長の台湾訪問に否定的な立場を表した。実際、オーストラリアのウォン外相は「すべての関連国が緊張緩和のために何をするべきか苦心しなければならず、誰もが台湾海峡の平和と安定を望む」とペロシ議長の訪問自制を要求した。

ペロシ議長の訪問でプラスになった点はあるだろうか。憂慮したようにペロシ議長が台湾を離れた3日直後から中国は26年ぶりに台湾周辺で大規模な軍事訓練を実施した。中国の戦闘機とドローンが両国の境界線を連日行き来し、いつよりも一触即発の雰囲気だ。そして中国は台湾産の柑橘類と冷凍魚などに対して禁輸措置を取り、外国企業は台湾を離れることも考慮している。

さらに韓国にとって台湾海峡の紛争は対岸の火事でない。韓米同盟は何とも代えがたい貴重な資産だが、時には荷物になることもある。台湾海峡で米中間の衝突が生じれば、米軍約2万人が駐留中の韓国も巻き込まれる危険がある。自国の政治のためのペロシ議長の台湾訪問に韓国が反対しなければならない決定的な理由だ。さらに台湾海峡が危険になれば、韓国を行き来する貨物船はフィリピン海で迂回しなければいけない。物流費と時間が追加でかかるしかない。

ペロシ議長の入国時に韓国側の人物が迎えなかったのは失敗だ。それでも大統領の「面談回避」という消極的な方法ながらも「いかなる実益もなく地域の安定を害するだけの中国刺激は控えるべき」というメッセージを伝達したのは、非難どころか称賛を受けることではないのか。

結果的に中国と同じ立場を取ることになったと無条件親中事大主義だと攻撃することではない。親米や親中、韓米同盟や韓中友好自体が外交原則になることはない。ただ国益基盤の上で平和と人権を土台とする民主主義を外交の原則に据えなければいけない。

ナム・ジョンホ/中央日報コラムニスト



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP