주요 기사 바로가기

2000人を率いて抗日闘争「朝鮮ジャンヌ・ダルク」…死後73年目に有功者に(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.15 13:44
0
◆独立有功者叙勲の障害 「北朝鮮労働党政治委員」の記録

昌原(チャンウォン)地域市民団体「開かれた社会希望連帯(希望連帯)」は2019年1月、将軍に対する独立有功者褒賞を申請したが、政府は受け入れなかった。国家報勲処は同年11月、「死亡の経緯など光復後の行跡不明」とした。

希望連帯は死去当時に内務部が将軍の履歴を「北労働政治委員」と発表したのが障害として作用したと判断した。実際、報勲処は希望連帯が2021年に再審の要請をしたことに関連し、「1949年に金命時先生がある種の容疑で富平警察に留置され、北労働政治委員と紹介された点について、先生の最後の活動が確認される1947年11月から死亡時までの行跡に関する綿密な検討が必要だと判断した」と回答した。

◆市民団体「金命時、北朝鮮労働党の政治委員でない」

希望連帯は北朝鮮労働党政治委員の履歴が事実かどうかを確認する作業に入った。この過程で国土統一院(現統一部)が保有する北朝鮮労働党創立大会(1946年8月)、第2次大会(1948年3月)会議録を確保し、北朝鮮労働党には「政治委員」という職責がないことを確認した。該当資料には中央委員、検閲委員などの職責と中央委員会、検査委員会組織はあるが、政治委員や政治委員会は記録されていなかった。さらに該当資料の名簿に金ドゥ奉(キム・ドゥボン)、金日成(キム・イルソン)などの名前はあるが、金命時はないという事実も確認した。

2000人を率いて抗日闘争「朝鮮ジャンヌ・ダルク」…死後73年目に有功者に(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    2000人を率いて抗日闘争「朝鮮ジャンヌ・ダルク」…死後73年目に有功者に(2)

    2022.08.15 13:44
    뉴스 메뉴 보기
    1925年、モスクワ留学前に金命時将軍(右)と弟キム・ヒョンユンが共に撮った写真を持いながらキム・ヨンマン開かれた社会希望連帯常任顧問が金将軍の功績を説明している。 アン・テフン記者
    TOP