주요 기사 바로가기

ペロシ議長の訪問から12日ぶり、米議会代表団が台湾入り…「確固たる意志表明」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.15 09:21
0
ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問で米中間の緊張が高まっている中、もう一つの米議会代表団が14日、台湾に到着した。代表団は1泊2日の日程で台湾の蔡英文総統ら指導部に会う。ペロシ議長が台湾を訪問してから12日ぶりだ。

AP・ロイター通信と台湾聯合報などによると、米国在台湾協会 (AIT)はこの日、声明を出し、米上下院議員5人で構成された議会代表団が台湾を訪問したと発表した。代表団は民主党所属のエドワード・マーキー米上院東アジア太平洋小委員長、ガラメンディ議員、アローウェンタール議員、ベイヤー議員と共和党のレイドワーゲン議員で構成されている。米議会代表団を乗せた軍輸送機はこの日午後7時ごろ、台湾台北松山空港に到着した。マーキー委員長だけが別に桃園国際空港を通じて台湾入りした。

AITは米国と修交がない台湾で事実上の米国大使館の役割をする機関。AITは「議会代表団は現地の指導者と会って米国と台湾の関係、地域安全保障、貿易・投資、グローバル サプライチェーン、気候変動、相互関心事などについて議論する予定」と明らかにした。台湾聯合報は「代表団は蔡英文総統、呉釗燮外交部長らと会い、台湾立法院などを訪問するとみられる」と伝えた。

AITは議会代表団の台湾訪問をインド太平洋地域歴訪の一環だと明らかにした。台湾の前に韓国を訪問したマーキー委員長は12日、龍山(ヨンサン)大統領室庁舎で尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と45分間ほど会談した。

しかし米議会代表の台湾訪問は直ちに中国を刺激するという評価が出ている。ペロシ議長の訪問直後であるからだ。中国は2、3日、ペロシ議長が台湾を訪問したことに反発し、4日から10日まで戦闘機と軍艦で台湾防空識別圏(ADIZ)と台湾海峡中間線を越え、ミサイルをはじめ大規模な実弾射撃をするなど台湾を包囲した過去最大規模の軍事訓練を実施した。訓練は終わったが、中国軍の台湾周辺での活動は相変わらずだ。台湾国防部は14日、台湾海峡周辺で中国航空機22機と海軍艦艇6隻を探知したと明らかにした。

米議会代表団の今回の訪問は、こうした状況でも台湾との交流を続けるという米国側の意志という評価が出ている。AP通信は「中国政府は台湾が米議会指導者と公式に接触することに反対する」とし「ペロシ議長が中国を怒らせてから12日ぶりに多くの米議員が台湾を訪問する」と評価した。台湾総統部は「中国が軍事訓練で台湾海峡の緊張を高めている状況での今回の訪問は、台湾に対する米議会の確固たる支持を見せるものだ」と意味を付与した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ペロシ議長の訪問から12日ぶり、米議会代表団が台湾入り…「確固たる意志表明」

    2022.08.15 09:21
    뉴스 메뉴 보기
    ペロシ議長
    TOP