주요 기사 바로가기

韓国空軍F-4E戦闘機が墜落…老朽戦闘機がまた事故

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.13 09:48
0
導入から40年以上経過した韓国空軍の戦闘機が墜落した。今年1月にも30年以上運用した戦闘機が墜落している。老朽機の事故が相次ぎ、根本的な対策が必要だという指摘が出ている。

空軍によると、12日午後12時20分ごろ、京畿道華城市(ファソンシ)前谷(チョンゴク)港の南側9キロの海でF-4E戦闘機1機が墜落した。事故機は午前11時41分ごろ水原(スウォン)基地を離陸し、任務を終えて帰還中だった。操縦士2人はエンジンの火災に気づいて民家のない海側に機首を向けた後、非常脱出した。事故機は2人が乗る複座機。民間の被害はないと把握された。操縦士は操業中だった漁業関係者が救助した。航空宇宙医療院に搬送され、健康状態は良好だと、空軍は明らかにした。

空軍は事故の原因が明らかになるまでF-4E機種の飛行を中止することにした。空軍は約20機のF-4Eを保有している。事故が発生したF-4Eは1978年に米国で製作され、79年に韓国が導入した。導入年度基準で43年が経過した戦闘機だ。にもかかわらず空軍が領空防御に投入している理由はAGM-142ポップアイ空対地ミサイルのためだ。このミサイルは最大115キロ飛行する誤差1メートルの精密誘導武器。2001年に初めて実戦配備された当時、空軍には心強い武器だった。しかしその後、さまざまな精密誘導武器を備えたため、以前ほど全体戦力に占める比率が大きくなかった。それでも有事の際、目標を打撃できる資産の数を確保すべきだとし、空軍はAGM-142をそのまま運用している。このためF-4Eもまだ現役ということだ。

問題は、入れ替えるべき戦闘機が無理に飛行して事故が相次いでいる点だ。1月11日には空軍のF-5E戦闘機が墜落した。この事故で操縦士が死亡した。空軍の調査の結果、右側エンジンに燃料を供給する燃料導管側に髪の毛の太さほどの穴2つが確認され、この隙間から燃料が漏れた。事故機は86年に導入された。まだ空軍の戦力で一つの軸を担うF-4とF-5について、現役の戦闘機操縦士は「命をかけて乗る」と話すほどだ。

韓国国防安保フォーラム(KODEF)のパク・チャンジュン委員は「F-4は5000機以上が生産されたベストセラーだが、現在は世界で韓国・トルコ・ギリシャ・イランの4カ国だけで飛行している。トルコとギリシャのF-4は大々的に改良した機体」とし「空軍は『改良するより新しく購入する』という考えで改良に消極的だった」と指摘した。

空軍は1月のF-5E墜落後、FA-50とF35Aを購入を増やし、現在試験飛行中の国産戦闘機KF-21の導入機数も増やす案を検討中と明らかにした。しかしFA-50は来年からポーランドに輸出するため空軍の導入時期は不透明だ。

峨山政策研究院のヤン・ウク副研究委員は「空軍は一定数量の作戦機を確保するという考えで、墜落の危険がある老朽機を維持している」とし「老朽機を入れ替えようとしても予算や物量の確保が難しければ、無人機を購入してでも戦力を維持する案を積極的に考慮する必要がある」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国空軍F-4E戦闘機が墜落…老朽戦闘機がまた事故

    2022.08.13 09:48
    뉴스 메뉴 보기
    2019年4月2日、天安(チョナン)独立記念館の上空で警戒飛行中のF-4E編隊 韓国空軍
    TOP