주요 기사 바로가기

アバターが登場するだけでも4200万回再生…カムバックを控えたBLACKPINKに爆発的な期待

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.12 10:14
0
カムバックを控えたBLACKPINK(ブラックピンク)が「アバターミュージックビデオ」の登場だけでトップにのぼった。

12日、「K-POP RADAR」ウィークリートレンディングチャートによると、BLACKPINKの3Dアバターミュージックビデオ『Ready For Love』が8月第1週目の集計期間(7月29日~8月4日)の間4289万回が再生された。メンバーが直接登場せず3Dアバターの映像だったにも爆発的な反応だ。BLACKPINKは来月発売される2ndアルバム『BORN PINK』で1年10カ月ぶりにグループとして復帰する。

同期間BLACKPINKのインスタグラムフォロワーは19万8000人、ツイッターフォロワーは7万2000人増加した。他のK-POPアーティストのインスタグラム・ツイッターのフォロワーがそれぞれ平均1万人、2000人増えたことに比べると圧倒的な数値だ。これに対して、K-POP RADARは「グローバルトップガールズグループのカムバックに対する熱い期待感を確認できる記録」と評価した。

2位はデビューするやいなやブームを巻き起こしているガールズグループNewJeans(ニュージーンズ)の『Cookie』が占めた。先週『Attention』でチャートのトップにのぼったNewJeansはもう一度タイトル曲『Cookie』で上位入りを果たして人気を実感させた。

ボーイズグループATEEZ(エイティーズ)の『Guerrilla』がカムバックと同時に3位、Stray Kids(ストレイキッズ)の新曲『Time Out』は4位にのぼった。また、新人ガールズグループCSR(初恋)のタイトル曲『Pop?Pop!』、TO1(ティーオーワン)の『Drummin』、チェ・イェナの『SMARTPHONE』が10位入りを果たした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アバターが登場するだけでも4200万回再生…カムバックを控えたBLACKPINKに爆発的な期待

    2022.08.12 10:14
    뉴스 메뉴 보기
    ガールズグループBLACKPINKが先月29日『PUBG MOBILE』ゲームの中でコンサートを開いて『Ready For Love』の3Dアバターミュージックビデオを公開した。[写真 YGエンターテインメント]
    TOP