주요 기사 바로가기

米国が乗り出した「中国、韓国圧迫するな…THAAD利用は韓米合意で決定」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.11 18:01
0
米国は中国が韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備と関連し「韓国政府の3不1限表明」を主張したことに対し、韓国に対する不適切な圧迫という立場を明らかにした。

米政府系ラジオ・フリー・アジア(RFA)が10日に伝えたところによると、米国務省は「THAADは北朝鮮の兵器計画に対応するために考案された慎重かつ限定的な自衛能力。韓国に対する自衛能力放棄への圧迫や批判は不適切だ」と話した。

国務省はまた「米国と韓国は、韓国とその国民を軍事攻撃から保護し、北朝鮮の大量破壊兵器と弾道ミサイルの脅威から(韓米)同盟の軍を保護するための純粋な防衛的な手段としてTHAADを配備する同盟間の決定を下した」と説明した。

米国防総省もTHAAD関連決定は韓米間の合意に従うものと明らかにした。国防総省のメイナース報道官はRFAに「今後THAAD利用に関連したいかなる決定も両国間で合意した決定がされるだろう」と話した。

続けて「THAADは敵を抑止し外部の脅威から韓国の主権を防衛するために韓国政府の要請で韓半島(朝鮮半島)に配備された安全で信頼できる防衛システム」と強調した。THAADが中国に脅威で中国の戦略的安全保障利益を害するという中国の主張を一蹴した。

中国外交部の汪文斌報道官は10日の会見で、米国が韓国にTHAADを配備したのは明確に中国の戦略的安保利益を害するものだとし、韓国政府が「3不1限」の政策を公式に表明したと主張した。

3不はTHAADを追加配備せず、米国のミサイル防衛と韓米日軍事同盟に参加しないことを指す。1限は配備されたTHAADの運用を制限することを意味する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国が乗り出した「中国、韓国圧迫するな…THAAD利用は韓米合意で決定」

    2022.08.11 18:01
    뉴스 메뉴 보기
    2017年、慶尚北道星州郡(キョンサンブクド・ソンジュグン)のTHAAD(高高度防衛ミサイル)基地に配備されたTHAAD発射台。[写真 写真共同取材団]
    TOP