주요 기사 바로가기

韓国与党国会議員が妄言…水害復旧現場で「雨降ってくれれば、写真映りが良くなるように」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.11 14:43
0
韓国与党「国民の力」の金成願(キム・ソンウォン)議員が11日、水害復旧現場で「正直いうと、雨が少し降ってくれたらいいのにと思う。写真映りが良くなるように」と失言して物議を醸している。

金議員はこの日、朱豪英(チュ・ホヨン)非常対策委員長や権性東(クォン・ソンドン)院内代表をはじめとする指導部と現役議員40人余りと共に8日から続く大雨で深刻な水害をこうむったソウル銅雀区舎堂洞(トンジャクク・サダンドン)を訪れた。

首にタオルを巻き、手袋をはめて待機中だった金議員はそばにいた権院内代表に向かって「正直いうと、雨が少し降ってくれたらいいのにと思う。写真映りが良くなるように」と話した。

これに対して権院内代表は何の反応も示さず、林利子(イム・イジャ)議員が金議員の手を軽く叩いて制止した後、カメラを指し示した。

金議員の失言は「冗談を言うな」という朱委員長の呼びかけの直後にあった。朱委員長は奉仕活動に先立ち、所属議員に「今日はやることが本当に多いと思うが、真似事だけせずに日が落ちるまで自分の家が水害を受けたつもりで最善を尽くして手を動かしてほしい」とした。

あわせて「水害民の暗澹とした心情をすくい取り、ふざけたり冗談を言ったり写真を取るようなことがないようにしてほしい」とし「取材陣も主客が転倒しないように過熱取材をしないでほしい」と話した。

金議員の発言はオンライン掲示板を通じて拡散した。ネット上では「大雨で国民が苦痛を受けているのに、現場であのような妄言をする人が国会議員とは」「水害現場に行って雨がもっと降ってほしいという人を初めて見た。…凄惨だ」「写真を撮るのが本当に好きだね」など批判意見を出した。

論争が大きくなると金議員は「厳重な時期に軽率で思慮深くなかった」とし「深く反省し、お詫び申し上げる」と頭を下げた。金議員は「残りの時間を真心を尽くして水害復旧活動に臨む」としながら「水害で被害を受けた方々のお役に立てるように最善を尽くす」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党国会議員が妄言…水害復旧現場で「雨降ってくれれば、写真映りが良くなるように」

    2022.08.11 14:43
    뉴스 메뉴 보기
    8日、ソウルおよび京畿(キョンギ)北部地方に降った集中豪雨による被害写真がオンラインを通じて共有された。ある男性が浸水した車両の上に座って水難を避けている。[写真 オンライン掲示板 キャプチャー]
    TOP