주요 기사 바로가기

尹大統領、大雨の被害に「申し訳ない気落ち」就任後初めて謝罪

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.11 09:35
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が10日午前10時、政府ソウル庁舎中央災難安全状況室で開かれた「河川洪水および都心浸水関連対策会議」で「犠牲者のご冥福をお祈りし、不便を強いられた国民に政府を代表して申し訳ない気持ち」と述べた。今回の大雨に対して行政府の首長として直接謝罪したのだが、就任後尹大統領が「申し訳ない」という表現を使ったのは初めてだ。

また、前日、冠岳区新林洞(クァナクク・シルリムドン)浸水死亡事故現場を訪問したことに言及した尹大統領は「低地帯に浸水が発生すれば地下住宅に住む方々に対する直接的な被害は火を見るより明らかなこと」と話した。同時に、「呉世勲(オ・セフン)ソウル市長がかつて準備していたが、市の行政権が交代されて推進することができなかった排水槽や地下トンネルなども広範にわたって議論する」と説明した。

これに先立って、尹大統領は午前9時、同じ場所で当初韓悳洙(ハン・ドクス)首相が主宰する予定だった「豪雨被害状況点検会議」も直接主宰した。尹大統領は今回の豪雨が気象観測以来115年ぶりの最大豪雨であることに言及しながら「しかし、これ以上異変とは言えない。過去の事例に照らして対応してはならない。さらに最悪を念頭に置いて対応しなければならない」として「一番重要なのは2次被害を防ぐこと」と述べた。また、「国民の安全に対して国家は無限に責任を負う。この点をすべての公職者は必ず肝に銘じていなければならないと思う」と強調した。

尹大統領は内部整備にも突入した。李俊錫(イ・ジュンソク)代表と近い国民の力のパク・ミニョン報道官が大統領室広報ラインに合流する。パク報道官はこの日フェイスブックに「大統領のそばで直接苦言を呈しながら国政を後押ししていきたい」と書いた。広報企画秘書官室には尹錫悦選挙キャンプで副報道官を務めたチェ・ジヒョン弁護士が合流する。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹大統領、大雨の被害に「申し訳ない気落ち」就任後初めて謝罪

    2022.08.11 09:35
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領
    TOP