주요 기사 바로가기

「裸の恋人をホテルの部屋から追い出した」…マンU伝説ギグス氏「衝撃」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.10 16:31
0
元恋人に暴行を加えた容疑を受けるマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の伝説、ライアン・ギグス氏(49)が交際期間中、暴力を繰り返していたという被害者の証言があった。

9日(現地時間)の英BBC放送、ガーディアンなどによると、マンチェスター刑事裁判所でこの日に開かれた裁判で、被害者ケイト・グレビルさん(36)が警察でギグス氏の暴力について陳述した内容が公開された。

これによると、初めて会った当時、ギグス氏とグレビルさんは共に既婚状態だった。グレビルさんはギグス氏が自身の不運な結婚生活を終わらせる「最高の友」であり「パートナー」になると考えていたと話した。しかしギグス氏は自身と会っていることを上司に暴露すると脅迫したという。

またギグス氏は元妻との関係を整理して自分と一緒になるという約束を守らなかったため、グレビルさんが連絡を遮断すると、家まで訪ねてきて「売春婦」と言いながら暴れたと伝えた。

グレビルさんは2020年2月、ギグス氏を遠ざけるためにアラブ首長国連邦(UAE)に行ったが、ギグス氏が自身を訪ねてきたと述べた。

当時ギグス氏は争いになると、裸のグレビルさんの手首をつかんでホテルの部屋の外の廊下に引っ張り出し、所持品と共に自分を捨てたとし、グレビルさんは廊下で屈辱を感じながら震えたという。

ギグス氏から「脅迫」と題したメッセージを受けたことも紹介した。グレビルさんはこのメッセージを開いていないが、自分との性関係を撮影した映像が入っているかもしれないと恐れていたと語った。

グレビルさんはギグス氏のiPadを確認し、8人の女性と浮気をしているとことを知り、ギグス氏との関係を整理することを決心したと明らかにした。

2020年11月、グレビルさんはギグス氏に電話で乱れた私生活を問いただすと、ギグス氏が酒に酔って妹と暮らす家に来て、暴れながら暴行を加えたと話した。

法廷に提出された映像で、グレビルさんは「ギグス氏は私をにらんだ後、私の顔に頭突きをした」とし、妹がギグス氏を引き止めると妹のあごも殴ったと話した。

ギグス氏は当時、現場で警察に逮捕された。ギグス氏はグレビルさんと妹に暴行を加えた容疑で起訴されたが、捜査で明らかになった暴力行為の容疑を追加で受けることになった。容疑がすべて認められる場合、ギグスには最大懲役5年刑が言い渡されることもあると、AFP通信は伝えた。ギグス氏は昨年、法廷で無罪を主張した。

ギグス氏の弁護人は2011年、競技中相手選手に人種差別発言をした容疑で起訴されたチェルシー(イングランド)元主将のジョン・テリー氏の無罪判決を引き出した弁護士だと、AFPは付け加えた。

この弁護士は8日の裁判で「道徳的に問題があった」としながらも「不法行為はなかった」と主張した。

ウェールズ出身のギグス氏は現役時代、マンUでEPL優勝13回、欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ優勝2回などを達成したレジェンド。

2014年の引退後、マンUでコーチを務め、2018年にウェールズ代表の監督に就任した。

しかし2020年にこうした容疑で逮捕され、ウェールズ代表監督から退いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP