주요 기사 바로가기

IMF「今年上半期、韓国ウォン4.3%下落、外貨準備高は増加」

ⓒ 中央日報日本語版2022.08.10 15:40
0
国際通貨基金(IMF)が今年上半期基準で韓国ウォンの実質実効為替レート(REER)が昨年平均より4.3%下落したと分析した。

国際金融センターによると、国際通貨基金(IMF)は「対外セクター報告書(ESR)」で、今年は経常黒字が大幅縮小したにもかかわらず、実質実効為替レートが低評価領域に入っていると推定されるとし、このように発表した。

実質実効為替レートとは自国通貨と複数の貿易相手国の通貨との為替レート変動を加重平均した指数で、自国の商品の総合的な価格競争力の指標となる。

IMFは昨年の韓国ウォンは2020年下半期の上昇幅(4.5%)を返納(-4.8%)し、2020年平均付近で騰落したと説明した。今年1-5月には前年の平均比で4.7%下落した。

昨年末の韓国の外貨準備高は4631億ドルと、GDPの25.6%であり、IMFが提示する適正基準の99%に該当すると評価した。

IMFは「韓国通貨当局が昨年下半期、為替レート変動性緩和目的で140億ドルを売ったにもかかわらず、昨年は年間で外貨資産投資収益増加などで200億ドル増加した」とし「韓国の外貨準備高は昨年末に終了した600億ドルの韓米通貨スワップなどと共に、広い範囲の対外衝撃に対応できる適切なバッファーを提供したとみられる」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    IMF「今年上半期、韓国ウォン4.3%下落、外貨準備高は増加」

    2022.08.10 15:40
    뉴스 메뉴 보기
    米ドル
    TOP