주요 기사 바로가기

気候変動で北極は溶けるのに…ビル・ゲイツやジェフ・ベゾスは笑う

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.10 12:02
0
世界の富豪の資金による北極グリーンランドの鉱物探査の速度が上がっている。異常高温によりグリーンランドの氷河が急速に溶けており、彼らが投資した電気自動車バッテリー用の鉱物を探すのに容易な環境になっていると米CNNが8日に報じた。

報道によると、鉱物探査会社のコボルドメタルズは昨年英国系鉱山企業のブルージェイマイニングとともにグリーンランド西部のディスコ島とヌスアク半島で電気自動車バッテリーの核心原材料であるリチウム、ニッケル、コバルトなどの鉱物採掘作業に入った。

当時マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏、ブルームバーグのマイケル・ブルームバーグ代表、世界最大のヘッジファンドのブリッジウォーターアソシエーツ設立者のレイ・ダリオ氏の世界的富豪4人がコボルドのグリーンランド鉱物探査に大挙投資した。

CNNは今年前例のない猛暑により早く溶けた氷河のため採掘環境が改善されるだろうと伝えた。ブルージェイマイニングのボー・メラー・ステンスゴード最高経営責任者(CEO)はCNNに「気候危機の直撃弾を受けたグリーンランドが心配になる。しかし気候危機がわれわれの探査と採掘活動をさらに容易にさせた」と明らかにした。彼は「異常高温で解氷期間が長くなったおかげで重装備を活用した船積みと運送作業が容易になった」と話した。

彼らはドローンを通じて海中の電磁場を測定し、鉱物が埋蔵されている可能性が高い場所の土壌サンプルを採取してヘリコプターで運送する作業を進めている。早ければ来年のいまごろにもボーリング作業に入る計画という。

溶けた氷河の間から新たな鉱物が出てくる可能性もある。米北極研究委員会のマイク・スフラガ委員長はCNNに「解氷してさらに多くの場所に接近できるようになり、その場所にはもっと多くの鉱物があるだろう」と話した。

デンマークのグリーンランド地質調査局によると、グリーンランドには石炭、銅、金、レアアース、亜鉛などが豊富に埋蔵されているという。グリーンランド政府は「氷が溶けた場所全体に埋まっている資源に対し数回評価した結果。鉱物採掘を通じて国の経済を活性化できる潜在力がある土地」と説明した。

グリーンランドの氷河は平年より高い気温により早く溶けている。米国立雪氷データセンターによると先月中旬にグリーンランドの氷河が溶け海に流れた水は1日平均60億トン、3日間で合計180億トンに迫った。水60億トンは五輪公式プール720万個分の量だ。

グリーンランドの氷河が溶ける速度はこの数年間でこれまでの1万2000年間の溶ける速度を超えたCNNは伝えた。グリーンランドの氷河がすべて溶ければ世界の海水面を7.5メートル上昇する程度という。

ただCNNは「グリーンランドは気候危機影響圏の中心地か、その気候危機を解決できる(エコカー用)鉱物を調達できる開始点になり得る所」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP