주요 기사 바로가기

尹大統領「115年間で最大の豪雨、もはや異常ではない…最悪を念頭に対応を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.10 11:59
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は10日、「生活が苦しい方々、体の不自由な方々が自然災害に対して、より一層脆弱にならざるを得ない」とし、「彼らが安全であってこそ大韓民国は安全」と述べた。

尹大統領は同日午前、韓国政府ソウル庁舎中央災害安全状況室で開かれた「豪雨被害状況点検会議」の冒頭発言でこのように述べ、「地方自治体と積極的に協力して今回の豪雨で被害を受けても為す術がない脆弱階層がいないか丁寧に調べ、こうした方々が迅速に日常に戻れるようによく留意して頂きたい」と求めた。

また、尹大統領は「引き続き大雨の予報が続く状況で、最も重要なのは2次被害が発生しないように予防すること」と強調した。

同時に「内閣は地方自治体と積極的に協力し、復旧状況をリアルタイムで確認し、地方自治体が必要とする予算と人材を迅速に支援して頂きたい」と指示した。

尹大統領は「今回の大雨は気象観測以来115年間で最大の豪雨で、明らかに異常気象なのは事実」とし「しかし、もはやこのような異常気象は異常とは言えない。いつでも最大、最高値を記録する可能性がある」と述べた。

続けて「過去の事例を鑑みて対応してはならないということを示している」とし、「予想よりさらに最悪を念頭に置いて対応しなければならない」と求めた。

また、尹大統領は「国民の安全に対して国家は無限の責任を負っている」とし、「この点をすべての公職者が必ず認識していなければならない」と述べた。

尹大統領は閉会時の発言でも「当分の間、散発的に特定地域の集中豪雨が多くの被害を出すことが予想されるため、関係機関すべてが緊張を緩めず、中央政府、自治体、軍などが力を合わせて国民の安全のために最善を尽くさなければならない」と重ねて強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹大統領「115年間で最大の豪雨、もはや異常ではない…最悪を念頭に対応を」

    2022.08.10 11:59
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領
    TOP