주요 기사 바로가기

韓中外相会談控えてTHAAD牽制…中国メディア「友人が渡す剣を受けるな」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.09 14:54
0
中国国営メディアが韓中外相会談を控えて「友人(米国)が渡す剣を受け取るな」とし、THAAD(高高度防衛ミサイル)を牽制した。尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権になって初めての訪中した韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官と中国の王毅外相の会談が行われる9日、国粋主義性向の環球時報は「韓国が独立・自主外交を堅持すれば自然に尊重される」と題した社説で、このように主張した。

社説は「THAAD問題は韓中関係が直面した大きな問題であり、回避することができない」とし「THAADはワシントンが北東アジアに打ち込む杭であり、地域情勢を混乱させて利益を得ようという目的」と強調した。続いて「我々はソウルが北京の戦略的利益に対する正当な尊重を『中国に対する屈従』と解釈しないことを望む」とし「逆にワシントンの圧力下でTHAADを配備することが『米国の利益に屈従』と見るべき」という論理を出した。そして「中国は韓国に『どのように友人と付き合うべきか』についていちいち言わないが、友人(米国)が渡す剣は決して受け取ってはならない」とした。

韓国が北朝鮮の4回目の核実験直後にTHAAD配備を決定すると、王毅外相は2016年2月、海外メディアのインタビューで「項荘(項羽の従弟)が剣の舞を踊る意図は沛公(劉邦)を殺そうというところにある(項荘舞剣意在沛公)」とし、剣の舞に言及した。環球時報の特性上、この日の韓中外相会談で中国が韓国のTHAAD問題で譲歩のない強硬姿勢を見せることを予告したとみることができる。

また社説は「韓国がやむを得ず米国が糾合した小グループに加入する場合、国際社会は韓国がその中で均衡と矯正の役割を発揮することを期待する」とし「これは韓国独特な価値の体現」と指摘した。この日午後の外相会談では米国主導の半導体サプライチェーン協力体制「チップ4」が議論されるとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓中外相会談控えてTHAAD牽制…中国メディア「友人が渡す剣を受けるな」

    2022.08.09 14:54
    뉴스 메뉴 보기
    8日午後、青島膠東空港に到着した韓国の朴振外交長官。 9日午後に韓中外相会談を行う。外交部提供
    TOP