주요 기사 바로가기

世界で3800万ドル稼いだBLACKPINK、150万人規模のワールドツアー予告

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.09 14:30
0
4大陸、26都市、150万観客。この程度なら「歴代級」という修飾語も遜色ない。19日、先公開曲『Pink Venom』で完全体カムバックを控えた韓国ガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク)が大規模ワールドツアーを予告した。所属事務所YGエンターテインメントは9日、北米・欧州・アジア・オセアニアなどで開かれるワールドツアー「BORN PINK」のポスターを公開した。

◆「8カ月間の世界一周」に出発するBLACKPINK

BLACKPINKは10月15~16日に2公演にわたって開催されるソウルコンサートを皮切りに8カ月間の大長征に出る予定だ。11月には米国アトランタ・シカゴ・ロサンゼルスなどを巡回した後、年末にロンドン・バルセロナ・パリなど欧州の主要都市を巡る日程だ。その後、来年6月までバンコク・香港・シドニーなどで現地のファンと会う。

注目する部分は今回YGが公開したポスターが全体日程ではなく1次日程という点だ。今後、公演都市や回数が追加される可能性がある。BLACKPINKはワールドツアー期間、36公演以上のステージを世界のファンに披露する計画だ。YG側によると、K-POPガールズグループがこれほどの規模のワールドツアーを行うのは初めてだ。

これに先立ち、BLACKPINKは2019年に初のワールドツアー「IN YOUR AREA」でK-POPガールズグループの歴史を新たに書いた。米国コンサートツアーボックスオフィス集計会社「Touring Data」はBLACKPINKが過去のワールドツアーで上げた収益が約3813万ドル(現レートで約51億円)と発表した。この資料によると、歴代K-POPガールズグループのうち4大陸コンサートで100万ドル以上の収益をあげたチームはBLACKPINKが唯一だ。

◆カムバック予告にYG株価上昇

BLACKPINKのカムバックの日程が具体化して不振に陥っていたYGの株価にも青信号が灯った。韓国取引所によると、今年7月1カ月間のYGの株価は4万3600ウォンから5万4700ウォンに約25.5%上昇した。同じ期間、HYBE(ハイブ)(23.9%)・JYP(14.4%)・SM(9.9%)などのライバル事務所に比べても上昇幅が大きいこと分かる。

ハイ投資証券のパク・ダギョム研究員は「BLACKPINKのカムバックで音盤よりも期待されるのは大規模ワールドツアー」とし「コロナ以前にすでに36公演規模のアリーナツアーを進めたことがあるほど集客力があるだけでなく、昨年ソロ2回のカムバックだけでSpotify(スポティファイ)のストリーミング再生が23億回を記録するほどグローバル認知度が高いアーティストであるため」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界で3800万ドル稼いだBLACKPINK、150万人規模のワールドツアー予告

    2022.08.09 14:30
    뉴스 메뉴 보기
    今月19日、先公開曲『Pink Venom』で完全体カムバックを予告した韓国ガールズグループのBLACKPINK。[写真 YGエンターテインメント]
    TOP