주요 기사 바로가기

「『Pachinko』は危険な小説…すべての読者が『韓国人』になってほしい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.09 13:32
0
「私は冗談半分、本気半分ですべての読者に韓国人になってほしいとよく言います」

小説『Pachinko パチンコ』の韓国語新訳本の出版に合わせて来韓し、8日、ソウルプレスセンターで記者懇談会を開いた作者のミン・ジン・リー氏(54)の言葉だ。リー氏は「作品に感情移入して共感して、トルストイを読めばロシア人に、ディケンズを読めば英国人になるように、私の本を読む人々がすべて韓国人になって韓国人の視線で物事を見てほしい」と話した。

在米同胞1.5世のリー氏は英語で行われた懇談会で、大学時期に講義を無断欠席したことを「サボる(テンテンイ)」と表現するなど、時おり韓国語を混ぜながら話を進めた。講義をサボった代わりに、リー氏は日本で活動した米国人宣教師の特講を聞きに行った。ここで同年代のいじめに苦しめられた在日同胞中学生の悲劇的な話に聞いて大きな衝撃を受けた。リー氏がその後、小説『Pachinko パチンコ』を執筆することになった契機だ。特に複数の在日同胞にインタビューし、完全に改作する以前の初期原稿については「本一冊分を書きあげたが、恐ろしい本であり非常に退屈な本だった」とし「ソロモンが主人公で、ソンジャは出てこなかった」と話した。

リー氏は創作の他にPENアメリカ、米国作家組合などで主要職責を引き受けて作家の保護活動も行っているとし、「作家はとても重要で非常に危険な仕事をしているから」とその理由を話した。「作家のすることは抵抗で、革命です。『Pachinko パチンコ』は危険な本で、私は危険な本になってほしいと望みました」。リー氏は「私は、この本を読んだ人々が、韓国人の不機嫌そうな表情の後ろには5000年の歴史があることに思いを致してほしいと思った」とも話した。リー氏は「高等学校の時にも、大学校の時にも文を書いていたが、最初から作家になろうとは思っていなかった」とし「事実、1990年代ですら、韓国系米国人女性が小説を書く作家になるというのは少し変なことだと見なされた時期だった」と話した。最近、リー氏を含めて韓国系米国人作家の活躍に対しては韓流ブームの「シナジー」と「クリティカルマス」、すなわち韓国系米国人作家が増えて注目するだけの規模に達したことに伴うものだと説明した。ただし、以前にも韓国系作家の「長い歴史があった」とし『Dictee(ディクテ)』のテレサ・ハッキョン・チャ作家らに言及した。

リー氏は「私は54歳だが、やっと2冊の本を書いただけ」とし、特に『Pachinko パチンコ』は「ほぼ一生かけて書いた作品」としながら正確な翻訳の重要性を繰り返し強調した。それによると、新訳本はリー氏が書かなかった各シーンについていたタイトルをなくし、ベネディクト・アンダーソンの「想像の共同体」を引用した部分など旧訳本では脱落していた部分も載せ直した。

次期作については「ある韓国記者が『アメリカン・アカデミー』と英語に訳し直していたが、私の次期作のタイトルは『アメリカンハグォン(American Hagwon)』」としながら「英国ブランドから借用された『バーバリー』がレインコートを意味するように、『ハグォン』(塾、学院)は韓国人を理解するためには全世界の人々が知るべき単語という点で韓国語をそのまま使った」とその含意を強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「『Pachinko』は危険な小説…すべての読者が『韓国人』になってほしい」

    2022.08.09 13:32
    뉴스 메뉴 보기
    全8話のドラマ『Pachinko パチンコ』。若いころのソンジャ(キム・ミナ扮)と釜山影島(プサン・ヨンド)の魚市場の実力者、コ・ハンス(イ・ミンホ扮)。[写真 AppleTV]
    TOP