주요 기사 바로가기

【社説】試験台に上がった対中外交…柔軟かつ堂々と解かなくては=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.09 11:35
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の対中外交が試験台に上がった。外交部の朴振(パク・チン)長官がきょう中国・青島で就任後初めての韓中外相会談をする。続けて韓国政府は近く米国が主導する半導体供給網協議体である「チップ4」予備会議に参加する予定だ。韓国・米国・日本・台湾が参加するチップ4は事実上中国牽制が目的だ。中国と対立する素地がある。きょうの外相会談は容易でない会議になるものとみられる。

24日には韓中修交30周年だ。だが国際情勢はいつになく複雑で敏感だ。30年前の修交当時の雰囲気とは全く違う。中国とロシアなど権威主義が周辺を圧迫しており、米中は戦略競争で冷戦に突き進んでいる。

最近ペロシ米下院議長の台湾訪問を契機に中国は台湾を包囲した軍事演習を実行した。いまは韓半島(朝鮮半島)に近い西海(黄海)に拡大している。韓中外相会談が開かれる青島は今回の黄海での演習を主管する中国北海艦隊司令部がある所だ。まさにその近海で演習が実施されている。修交30周年を控えた両国の会談が北京でなく海上演習がある青島で開かれる理由から釈然としない。

今回の会談では台湾情勢と高高度防衛ミサイル(THAAD)、チップ4などが主要懸案として議題に上がるものとみられる。台湾情勢と関連し、中国がペロシ米下院議長の台湾訪問を口実に実施した演習は激しいという程度ではなく強迫だった。台湾を攻撃するかのようだった。中国の挑発的演習で台湾周辺を航行する民間船舶と航空機が迂回した。国際的な常識と規範から抜け出した間違った行動という非難を受ける理由だ。

THAAD問題もそうだ。中国は依然として尹政権に「THAAD3不」を要求している。しかし防衛兵器であるTHAADの配備は北朝鮮の核・ミサイルから韓国国民を保護するための軍事主権的措置だった。中国の国益とは距離がある。しかも文在寅(ムン・ジェイン)政権が言及したTHAAD追加配備不可などのTHAAD3不は中国と合意した条約や協約ではない。拘束力はない。そうした点から中国はTHAADをめぐる強引な主張より北朝鮮の非核化牽引が優先だ。

チップ4は容易でない難題だ。韓国の半導体の60%ほどが中国と香港に輸出される。そのため韓国が半導体と関連して中国にあまりに執着すれば国際半導体供給網から排除されかねない。韓米同盟だけでなく韓国の国益とも距離がある。韓国の生き残りがかかるチップ4への参加は断ることはできない事案といえる。

したがって韓国はチップ4に参加するが特定国を排除するより供給網次元で協力し新たな標準を作る外交的努力が必要だ。何より「国益」が重要だ。韓中外交は常識と規範に基づいて原則的だが柔軟かつ堂々と解いていかなければならない。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】試験台に上がった対中外交…柔軟かつ堂々と解かなくては=韓国

    2022.08.09 11:35
    뉴스 메뉴 보기
    外交部の朴振長官が先月7日にG20外相会議が開かれたインドネシアのバリで中国の王毅外相と会談している。[写真 外交部]
    TOP