주요 기사 바로가기

世界最大の支石墓を傷つけた韓国金海市…「文化財庁と協議」専門家の諮問も無視

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.09 09:55
0
慶尚南道金海市(キョンサンナムド・キムヘシ)が「すべての整備は文化財庁との緊密な事前協議が必要」という専門家の諮問を無視したまま世界最大規模の「亀山洞(クサンドン)支石墓(コインドル、慶尚南道記念物第280号)整備工事を行っていた事実が確認された。

8日、中央日報が入手した「亀山洞支石墓整備事業推進計画報告」と題する金海市の内部文書(2021年9月16日付)を見ると、「III 復元・整備方案諮問現況」に専門家の意見が記されていた。専門家の諮問は昨年8~9月に行われ、慶尚南道文化財委員(3人)と文化財庁文化財委員(2人)ら5人が参加した。

当時慶尚南道文化財委員は「すべての整備(案)は国家史跡指定と並行して事前に文化財庁文化財委員と緊密な協議が必要」と助言した。市は諮問内容を該当の公文書にまとめて文字を「青色」で表示して強調までしている。

だがその後、市は墓域を表示する「薄石」(底石、薄く平らな石)を除去した後に再設置するなど亀山洞支石墓の現状を変更する整備工事を行ったが、この過程で文化財庁と事前協議を行わなかった。

埋蔵文化財保護および調査に関する法律(埋蔵文化財法)により、亀山洞支石墓墓地のような埋蔵文化財遺存地域内で文化財の原形に影響を及ぼす「文化財現状変更」を行うためには文化財庁の許可が必要だ。基本的に埋蔵文化財遺存地域は原形をそのまま保存することが原則となっているためだ。

文化財庁は今月7日に説明資料を通じて「(亀山洞支石墓の)整備工事過程で、埋蔵文化財法に違反して無断で現状を変更した事実を確認した」とし「薄石を持ち出す行為などをする場合、事前に文化財庁から発掘許可を受けなければならないが、この部分に対する事前協議がなかった」と明らかにした。

そのうえ市が亀山洞支石墓の薄石を移動・再設置する過程で薄石の下の青銅器時代文化層(遺物があるため過去の文化を知るために参考になる地層)まで触って一部を損傷した。文化財庁は5日の現場調査を通じてこのような事実を確認し、具体的な毀損範囲を把握するための発掘調査を実施すると明らかにした。現在、亀山洞支石墓整備工事は1日に文化財庁が工事中止要請を行ったことによって中断された状態だ。

金海市は6日、コメントを通じて「文化財庁協議を経なかった部分は落ち度だったと認める」しながらも「(亀山洞支石墓は)慶尚南道の文化財なので道の現状変更許可を受けて整備事業を施行した」と説明した。続いて「手作業で既存の薄石を保存処理し、あるメディアの報道のように重装備を使った毀損はなかった」と付け加えた。金海市伽耶史復元課関係者は「『文化財現状変更』に関し、文化財庁との事前協議を経なかったのはミスであって故意ではない」と話した。

だが、文化財調査・発掘業界の間では「理解することができない常識外れの行政」という批判が出ている。協議が必要だという道の文化財委員の諮問もあったのに、基本的な手続きを省略したことは理解できないということだ。

亀山洞支石墓は2006年宅地開発工事の過程で発掘された遺跡だ。学界では支石墓の上石の重さが350トン、支石墓を中心にした墓域施設が約1600平方メートルに達し、世界で最も規模の大きい支石墓だと判断している。だが、当時の発掘技術と予算確保に困難があったため、埋め戻して保存してきた。その後2020年2月に最初の整備事業実施設計業務に着手して復元・整備事業が始まった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界最大の支石墓を傷つけた韓国金海市…「文化財庁と協議」専門家の諮問も無視

    2022.08.09 09:55
    뉴스 메뉴 보기
    2006年慶尚南道金海市亀山洞(キョンサンナムド・キムヘシ・クサンドン)宅地開発当時に見つかった支石墓の様子。[写真 金海市]
    TOP