주요 기사 바로가기

俳優チョン・ウソン「監督という地獄の扉を開けて入ってきたイ・ジョンジェ氏、積極的に支持した」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.08 16:18
0
チョン・ウソンは「監督イ・ジョンジェ」との初めての作業が大きな負担になったと話した。「23年ぶりに2人遭遇するという事実に陶酔してはいけない」「非難されないほどの出来栄えを見せなければならない」という考えが撮影ずっと彼の肩を押さえ付けていたという。

「ジョンジェさんが演出の意思を明らかにした時、私は映画『保護者』を演出していたところでした。ジョンジェさんが自ら進んで地獄の扉を開けて入ってくるように感じられましたが、積極的に支持しました。イ・ジョンジェ監督デビュー作ではなかったらもっと軽い気持ちで現場を楽しんだのですが、私たちの挑戦を意味あるものにするには無条件で成功しなければならないというプレッシャーを持って現場に臨みました」。

チョン・ウソンはまた「ジョンジェさんが演出者として重い荷物を抱えてぐっと耐えているところを見て心が痛かった」としながら「ずっと現場で過ごしてきた時間と経験がこの忍耐を可能にしたようだ」と述べた。「以前は2人のキャラクターが『かっこよくないといけない』という漠然としたものを追いかけていたようです。漠然としたものを追いかけていたところ埋めることができませんでしたが、今は2人のキャラクターの悩みと葛藤のような内面的なものを探して入ることになりました。今回の作品を通じて自信がつきました。2人で一緒にやって手応えがあるようなシナリオがあればまたやりたいですね」

『イカゲーム』の成功に続き監督デビューまで合格点を受けたイ・ジョンジェ、Netflix(ネットフリックス)オリジナル『静かなる海』の製作に続いて初めての長編演出作『保護者』の公開を控えたチョン・ウソン--。2人の親友が同時に全盛期を迎えたようだという言葉にチョン・ウソンは手を振って否定した。

「2人とも全盛期という特定の時期に留まっていないのです。今も心から楽しんで仕事をする旅程の一部分なのだと思います。そして『自分のものはない。作品のためなら誰とも手を握ることができる』という柔軟な考えを持っています。地道にやりながら、良いコンテンツを次から次へと世の中に送り出していきたい」

俳優、製作者に続き監督と、新たな挑戦を続けているチョン・ウソンは「成功はある瞬間の成就ではなく、目標としている方向にうまく進んでいるかどうかでその是非が決まる」としながら「『この作品はどうして撮るのか』といつも言われながら怖がらずに挑戦してきた」と強調した。

「『青春のアイコン』というイメージを打破しようと『トンケの蒼い空』のような映画に挑戦したし、『愛のタリオ』『きみに微笑む雨』などを選択して評価されなかった映画も多いです。挑戦と意味の観点で映画を選択したところ、まだ1000万映画がないですね。でも、すべての結果は私が選んだことなので成功の前に謙虚に、失敗も克服することができると思うのです。作品のおかげで得た修飾語は絶対に自分のものだとは考えなかったし、やってみたいことに今もずっと挑戦しています。現場は本当におもしろいですね(笑)」

俳優チョン・ウソン「監督という地獄の扉を開けて入ってきたイ・ジョンジェ氏、積極的に支持した」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優チョン・ウソン「監督という地獄の扉を開けて入ってきたイ・ジョンジェ氏、積極的に支持した」(2)

    2022.08.08 16:18
    뉴스 메뉴 보기
    イ・ジョンジェ監督のスパイアクション映画『HUNT(ハント)』で安全企画部キム・ジョンド次長役を演じた俳優のチョン・ウソン。[写真 メガボックス中央(株)プラスエム]
    TOP