주요 기사 바로가기

俳優チョン・ウソン「監督という地獄の扉を開けて入ってきたイ・ジョンジェ氏、積極的に支持した」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.08 16:18
0
「90年代映画『太陽はない』で出会って友人になった2人の俳優が、スターという修飾語に慢心せず、心から映画づくりをやってきたという意味が退色しなかったようで安心しています」。俳優仲間であり親友イ・ジョンジェの監督デビュー作『HUNT(ハント)』(原題、10日公開)に主演で出演したチョン・ウソンは作品の仕上がりについて「多くの称賛を送ってくださっている。基準点以上をお見せすることができたようだ」と話した。

同作は俳優イ・ジョンジェの初めての監督作という点以外にも、イ・ジョンジェとチョン・ウソンという韓国を代表する2人の俳優が『太陽はない』(1999)以降、23年ぶりに共演した点に意味がある。2人は今回の映画で互いに少しの譲歩も許さない演技対決を繰り広げる。1980年代初め軍部独裁時代を舞台にしたこの映画は、安全企画部に隠れたスパイを探し出すために互いを疑い、葛藤し、大統領暗殺という巨大な事件にぶつかるスパイアクションドラマだ。チョン・ウソンはスパイを突き止めるよう上部から指示を受けて、海外チーム次長のパク・ピョンホ(イ・ジョンジェ扮)の尻尾をつかみ隠された実体に迫ろうとする国内チーム次長キム・ジョンド役を演じた。軍人出身の意志の強さと揺るぎない信念が際立つキャラクターだ。

最近、ソウル昭格洞(ソギョクドン)のあるカフェで会ったチョン・ウソンは「パク・ピョンホとキム・ジョンドは、2人の人物を演じた俳優イ・ジョンジェと自分に似ている」と話した。「それぞれの信念を実現させるためにあらゆることを注ぎ込む姿や、別々にいる時よりも一緒にいる時のほうが光を放つという点で」としながらだ。「キム・ジョンドとパク・ピョンホはそれぞれ直面した状況や目標は違うものの、自分の信念に向かって執拗に進んでいる点では似ています。私たちの2人も志向は違いますが、映画に対して真剣であるという点では全く同じです」。

「似ている者同士が戦うとき一番怖い」というチョン・ウソンの言葉のように、パク・ピョンホとキム・ジョンドは際限なく互いに不信を抱き、対立することによって、作品全体に極度の緊張感をもたらしている。チョン・ウソンは「パク・ピョンホとキム・ジョンドが取り調べ室の鏡を間に挟んで対話する場面でデカルコマニーのような印象を受けた。鏡の向こう側にいる相手を見て話しているのだが、結局2人は反射した自分自身の姿を見ている」としながら「組織と理念の枠組みの中で各自のジレンマに閉じ込められた2人がこれを解決するために、似ているが別の選択をする過程を表現するのが一番重要だった」と話した。

キム・ジョンド次長は80年5月、光州(クァンジュ)に鎮圧軍の一人として投入され、残酷な惨状を目撃した悲しい過去を持つ。チョン・ウソンは「軍人らしくない、暴力を振り回した加害者側に立った“痛み”をキャラクターを被せていくために努力した」とし「歴史的事実に基づいた感情を抱いて演じるのは気が重かった」と話した。大統領暗殺事件のモチーフになったアウン・サン・スー・チーテロ事件を劇化することも大きな負担を感じて、イ・ジョンジェ監督と多くの議論を重ねたと語った。「事件の重厚感を出すためにイ・ウンピョン(北朝鮮軍大佐)ミグ機帰順(亡命)事件などを配置しましたが、歴史的事件を歪曲したり虚構で埋めたりはしていません。アウン・サン・スー・チー事件の場合、2人の人物が信念を行動に移す場所としてだけ使いました。事件場所もミャンマーではなく、タイに変えるなど用心深くアプローチしました」

俳優チョン・ウソン「監督という地獄の扉を開けて入ってきたイ・ジョンジェ氏、積極的に支持した」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優チョン・ウソン「監督という地獄の扉を開けて入ってきたイ・ジョンジェ氏、積極的に支持した」(1)

    2022.08.08 16:18
    뉴스 메뉴 보기
    スパイアクション映画『HUNT(ハント)』で親友で俳優のイ・ジョンジェと23年ぶりに共演したチョン・ウソンは「プレッシャーは大きかったが、基準点以上の出来栄えになったようで安心している」と話した。[写真 メガボックス中央(株)プラスエム]
    TOP