주요 기사 바로가기

中国「空母・原子力潜水艦、台湾包囲訓練に加勢」…中間線挑発も継続(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.06 13:08
0
◆中国国防省「米国-台湾結託に対する厳正な圧迫」

こうした中、中国国防省は一連の軍事的措置について、米国と台湾の癒着を阻止するための軍事的行動という立場を公式化した。国防省の譚克非報道官はこの日に公開した声明で「中国人民解放軍東部戦区が陸海空で合同作戦をして実弾射撃をしたのは、米国と台湾の結託に対する厳正な圧迫」とし「米国と台湾が同じ道を進めば台湾の同胞に深刻な災難を招くだけであり、中国の完全な統一は阻止できない歴史的な流れ」と述べた。

同時に今回の訓練の意味を中国国営メディアを動員して強調している。中国国防大の孟祥青教授はCCTVに出演し、訓練では3つの点が初めて実施されたと述べた。台湾と最も近いところで訓練が実施され、台湾を包囲するレベルで進行された最初の訓練であり、ミサイルが初めて台湾本土を横断して東部海域を実際に打撃したということだ。

特に孟教授は「台湾海峡の東部に落下した東風15ミサイルは、米空母レーガンの後退を強要するものだった」とし「台湾海峡訓練は空母の接近抑止と台湾統一戦争時の最初に動員される長距離ロケット砲集中投下、最新戦闘機の領空防御など立体的な軍事戦略をそのまま試演した」と強調した。

チャン研究員も環球時報に「中国のミサイルが台湾の(ミサイル迎撃用)パトリオットミサイルが密集した地域を通過し、米イージス艦の目の前で目標物に命中した」と主張した。 中国「空母・原子力潜水艦、台湾包囲訓練に加勢」…中間線挑発も継続(1)

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP