주요 기사 바로가기

韓国警察、李在明疑惑捜査を加速…常習賭博容疑の長男もまもなく召喚

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.05 10:23
0
韓国野党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)議員を巡る各種疑惑関連の捜査を進めてきた警察が、配偶者キム・ヘギョンさんの「法人カード流用疑惑」等を伝えた公益情報提供者に対する事情聴取を4日、行った。事件の核心人物が最近次々と召喚され、主要被疑者であるキムさんら李議員家族の召喚調査も迫っているという見方が出ている。

警察などによると、京畿(キョンギ)南部警察庁反腐敗・経済犯罪捜査隊はこの日午前、元京畿道庁秘書室職員Aさんを参考人として呼び、事情聴取を行った。警察がAさんを公式に調査したのは初めてだ。

Aさんはキムさんの側近といわれる元京畿道庁総務課5級(特別職)のペさんの指示で「カードすり替え」(個人カード→法人カード)をしたと暴露した人物だ。Aさんは今年3月に国民権益委員会から公益申告者地位を認められ、警察が身辺を保護中している。警察はAさんに京畿道法人カード流用や薬品代理処方などの疑惑全般に対する事実関係を確認した。警察は前日(3日)にはペさんを被疑者として呼んで事情聴取を行った。警察は業務遂行過程でキムさんや李議員の指示を受けたかどうかを聞いたという。

キム・ヘギョンさん法人カード流用疑惑に関しては、ペさんら側近だけでなく李議員夫婦を補佐していた人の個人カードも使われたという疑惑も新たに提起された。警察で参考人調査を受けた後、先月26日に自殺した40代Bさんは昨年民主党大統領選候補予備選期間、李議員キャンプの運転手をしていたことが分かった。

ペさんの知人であることが分かったBさんの個人カードは60回以上にわたり法人カードの代理決済に利用されたという。Aさん側は「Bさんだけでなく、過去キムさんの随行秘書などのカードも使われた情況がある」と主張した。カードすり替えに動員された李議員夫婦周辺人物が他にもいる可能性があるという。Aさん側は「京畿道庁総務課特別職の職員の個人カードも使われたと理解している」と主張した。

これに先立ち、京畿道庁は3月ペさんを告発してペさんの道庁勤務期間(2018年7月~2021年9月)の法人カード使用内訳全体などを警察に渡した。警察も今年4・5月、京畿道庁や法人カードに記録が残っている飲食店など129カ所に対して家宅捜索を行った。

李議員側は警察捜査に反発して容疑を否認した。李議員は今月3日、国会記者懇談会で「本当に埃を叩くよう十数年間ずっと叩いているが、ファクトすらないではないか」と話した。「政治介入」「国紀紊乱」など強い語調で反発した。政治資金法違反などで告発された李議員の側近イ・ホンウク元京畿住宅都市公社(GH)社長も「侮辱を与える捜査だ」として非難した。

警察は今月中に李議員関連の捜査を終える計画だ。事件捜査の大部分が公職選挙法控訴時効(9月)と重なっていて捜査を加速せざるをえないという分析だ。警察は法人カード流用疑惑関連の捜査から締めくくるものをみられる。警察関係者は「法人カード関連の捜査を今月中旬に終える。残りの捜査も今月内に1次結論が出てくると思う」と述べた。

一方、警察は常習賭博容疑などで昨年12月に告発された李議員の長男イ・ドンホさんも書面質問書を通した調査ではなく直接召喚して調査を行う方針を固めたという。今年1月、イ・ドンホさんの口座などを家宅捜索した警察は口座入出金内訳などを分析してきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国警察、李在明疑惑捜査を加速…常習賭博容疑の長男もまもなく召喚

    2022.08.05 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    李在明議員
    TOP