주요 기사 바로가기

ウクライナ・ロシアの命運かかった一戦…南部ヘルソンに兵力が次々に集結

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.05 09:52
0
ウクライナとロシアが戦争の行方を左右する大規模な戦闘を前に、南部の要衝地ヘルソンに兵力を集結させている。外信は、ウクライナが西側諸国が支援した精密兵器を前面に出し、東部のドンバス戦線でロシア軍の攻撃を封鎖したことから、戦争の焦点が南側に移動していると報じた。

◆ロシア、ヘルソン合併のために9月に住民投票

3日(現地時間)、米ニューヨークタイムズ(NYT)やウォールストリートジャーナル(WSJ)によると、ウクライナ南部の作戦司令部はロシア軍がヘルソン近隣地域に兵力を集めていると報じた。2日、ウクライナ大統領室のアレストヴィチ補佐官は「2万2000人規模のロシア部隊がミコライウとクリビリフへの進撃を準備中で、これに十分対処できる大規模なウクライナ軍が待機している」と述べた。ミコライウとクリビリフはヘルソンに近いウクライナ南部の主要都市だ。

ヘルソンはロシアが2月24日にウクライナに侵攻後、速度戦により7日間で占領した戦略的要衝地だ。南は黒海に、北はドニプロー(ドニエプル)川に面している。面積は2万7000平方キロメートルで、ミコライウとオデッサ港、ウクライナの残りの黒海海岸線に進出するための必須経路だ。

ヘルソンが主要戦線に浮上したのは、ロシアがここを自国領土に合併するために来月、住民投票を計画しているためだ。過去、ロシアは2014年2月末にクリミア半島に侵攻して占領し、3月16日にロシアとの併合について賛否を問う住民投票を実施し、2日後の18日に自国領土に編入した経緯がある。ヘルソン地域のセルヒ・クラン議員は「もしヘルソンがロシアに合併されれば、ロシア本土とクリミア半島を結ぶ陸橋が公式化される」とし「ウクライナは必ず住民投票計画を妨げなければならない」と述べた。

◆ウクライナ、ハイマースを前面に奪還へ

現在、ウクライナは米軍の高速機動多連装ロケットM-142HIMARS(ハイマース)を前面に出し、ヘルソン奪還に拍車をかけている。ヘルソン地域議会のユーリ・ソボレウスキー副議長は2日、テレグラムで「まだヘルソンの大半の地域をロシアが占領しているが、ウクライナ軍が最近、約50の村を解放した」と伝えた。副議長は「ヘルソンでロシア軍が相当な損失を被った」とも述べた。

ウクライナ軍は最近、ヘルソンと他の地域をつなぐ主要な橋を切り離し、後方の弾薬庫や指揮所などを相次いで攻撃し、ここに駐屯しているロシア軍を孤立させている。ロシア軍は迂回路と浮橋でヘルソンと南部占領地を繋いでいるが、それさえも続く砲撃のためままならないという。

ロシア軍はヘルソン戦線で戦車と攻撃用ヘリコプターなどを動員し、探索戦を繰り広げているという。最近、ドンバス戦線から最精鋭軍を選んでヘルソンに移動させ、配置している。一方、ウクライナは最低限の訓練を受けた新兵中心に動員中だとWSJが報じた。

◆「9月前に奪還に失敗すればヘルソンを失う」

ロシアは今年3月にヘルソンを占領後、現地化に努めてきた。数千冊のロシア旅券を配布し、ルーブル貨幣を普及させた。ウクライナの通信会社をなくし、ロシアの携帯電話ネットワークを構築した。ロシア銀行の支店も数カ所開設した。都市の随所には「ヘルソン、ロシアと共に永遠なれ」という広告看板を立てた。

しかし、ヘルソン地域の大多数の住民は依然としてロシアとの協力を拒否し、ウクライナ軍の勝利を待っているとWSJは伝えた。ヘルソンで2番目に大きい都市のノバカホフカでは、学校理事14人中1人だけが親露政府に協力した。ノバカホフカのボロディミール・コバレンコ市長は「人々は解放を待っており、絶対多数はロシアに協力する考えすらしていない」と述べた。

ただし、ロシアの計画通り来月に住民投票が実施されれば、状況は変わる可能性があるとウクライナ高官が警告した。この高官は「現在、占領地となっているヘルソンの住民は垣根に腰掛け、どちらが勝つか見守っている状況」とし「住民投票前までにウクライナがヘルソンを奪還できなければ、住民も結局は合併を選び、ウクライナはヘルソンを永遠に失うことになるだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ウクライナ・ロシアの命運かかった一戦…南部ヘルソンに兵力が次々に集結

    2022.08.05 09:52
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナのキーウ(キエフ)地域の国境施設がロシア軍の空襲で破壊されたている。[写真 ウクライナ内務省フェイスブックページ]
    TOP