주요 기사 바로가기

前席の安全ベルト不具合、後席の人がけがのおそれ…ベニュー5万台リコール=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.04 10:29
0
ヒョンデ(現代自動車)が製作・販売した小型SUV「ベニュー」で前座席の安全ベルト調節装置に不具合が見つかり、5万1000台に対してリコールが実施される。国土交通部によると、ベニューは前座席の安全ベルト調節装置内部のガス発生器の不具合で衝突時に部品が外れ、これによって後部座席の人がけがをする可能性が確認された。

この車は2019年6月27日から今年6月22日まで生産されたベニュー(QX)で、計5万1965台。これら車は今月25日からヒョンデハイテクセンターおよびブルーハンズで無償の部品修理を受けることができる。

またメルセデスベンツコリア(株)が輸入して販売した「E400 4MATIC」など13車種ではエアサスペンションと連結した空気圧縮機調整弁の腐食および固着で車両の高さが最低地上高より低くなる安全基準非適合事項が確認された。

これを受け、国土部はまず輸入会社が自発的にリコールするよう進行し、今後の是正率などを考慮して課徴金を賦課する計画だ。対象車種は2016年4月9日から2017年1月31日に生産された「E400 4MATIC」298台など計13車種・371台。

フォードセールスサービスコリアが輸入して販売したエクスペディション260台は、ヒューズボックス内の冷却ファンスイッチの接地回路の不具合による腐食で過熱が発生し、これによって火災が発生する可能性が確認され、リコールに入る。

この車は5日からフォードセールスサービスコリア公式サービスセンターで無償で点検後に部品交換などを受けることができる。

今回のリコールに関連し、各製作会社は自動車所有者に郵便および携帯電話のメッセージで是正方法などを知らせ、リコール施行前に自動車所有者が自費で修理した場合には製作会社に修理費用の補償を申請できる。

国土交通部は自動車の製作不具合情報を収集・分析する自動車リコールセンター(PC=www.car.go.kr、モバイル=m.car.go.kr、連絡先080-357-2500)を運営中であり、ホームページで車両番号および借貸番号を入力すればリコール対象かどうか、具体的な不具合事項などを容易に確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    前席の安全ベルト不具合、後席の人がけがのおそれ…ベニュー5万台リコール=韓国

    2022.08.04 10:29
    뉴스 메뉴 보기
    ヒョンデ(現代自動車)の小型SUVベニュー [資料=ヒョンデ]
    TOP