주요 기사 바로가기

久しぶりに映画に復帰するイ・ビョンホン…「自分の中で輝くものを表現する俳優になりたい」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.02 17:21
0
彼はまさにこうした側面を『非常宣言』が既存のブロックバスター映画と違う差別点に挙げた。「多くのパニック映画が、ある英雄が現れて問題を解決してハッピーエンドで終わるならば、この映画はさまざまな主人公がそれぞれの方法で災難と戦う姿を見せます。ある者は利己心を見せるかと思えば、大のために小を犠牲にする人間的な姿を見せる人もいます。人間性を少しずつ失っていく時代に人々が『自分ならばどうしただろうか』と考えさせるよう作った映画だと考え、また、そのように受け入れられたらいいですね」。

◇360度回転セットで演技…「本当に飛んでいる感じ」

航空パニック映画らしくリアルに完成された機内アクションシーンは『非常宣言』の最大の観戦ポイントだ。実際に360度回転するなどディテールが再現されたセットに乗って撮影したイ・ビョンホンは「セット内部があまりにも飛行機と全く同じで演技に大きな助けになった。さらに操縦室では実際の飛行機で撮影した場面を大きなLED画面で流したので本当に飛んでいる感じを受けるほどだった。もう韓国映画の技術力はハリウッドと比較しても全く劣らない水準だと感じた」と話した。

『非常宣言』で娘を溺愛するジェヒョクの前にはドラマ『私たちのブルース』でトラック1台を頼りに生きる移動販売商のドンソク役で視聴者と会ったイ・ビョンホンは、身近な人物を説得力のある演じ方をする秘訣について「感性そのものが平凡な人に近くてそうできるのではないかと思う」とした。「私もそのような演技をするのが事実少し気楽です。いずれにしても直接経験したことを演技する時に最も自信を持って演じられますね。キラーやスパイのような極端な職業群は想像に依存して演じなければならなくて自信が少し落ちることもあります」。

「どんな俳優を指向するか」という質問に「惰性に染まらなければ良いだろう」という答を出した彼は、『私たちのブルース』撮影当時にキム・ヘジャとコ・ドゥシムという2人の大先輩を見て「反省した」と回想した。

「キム・ヘジャ先生は現場にきて撮影前までリハーサルを本当に数十回しました。コ・ドゥシム先生はずっと人物の情緒にはまりながら、思わず『あぁ、かわいそう』『良くない』などと言う時がありました」。

イ・ビョンホンは「そうやって力を入れる2人を見て『自分が本当に怠慢になり怠けるようになったな』と気付いて反省することになった。長くやっているからといって習慣のように演技しなければ良いだろう。めちゃくちゃならばめちゃくちゃに、創意的ならば創意的に、自分の中できらりと輝くものを表現する俳優になりたい」と話した。 久しぶりに映画に復帰するイ・ビョンホン…「自分の中で輝くものを表現する俳優になりたい」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    久しぶりに映画に復帰するイ・ビョンホン…「自分の中で輝くものを表現する俳優になりたい」(2)

    2022.08.02 17:21
    뉴스 메뉴 보기
    イ・ビョンホン
    TOP