주요 기사 바로가기

グラミー賞を受けられなかったBTS、人種差別のせいだと思ったが…勘違いだった(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.02 09:40
0
--K-POPファンも多様な集団で成り立っている。この様々な集団の意見が衝突する時、K-POP歌手はどうすればいいだろうか。

「私は文化戦争の序幕が開かれていると考える。同じ歌手のファンの間でも各自他の国と文化圏出身のファンの立場が衝突する可能性がある。結局、人数が多く結集力が高い方が勝つだろう。そこで歌手と企画事務所は決定を下す際にファンダム内のどの集団がより大きいかを考慮する必要がある。そのような戦略の結果を現在私たちが見ているが、最近ロシアのウクライナ侵攻に対して声をあげるK-POPアイドルがいなかった。なぜなら、ロシアのファンやロシア側に同調する国出身のファンたちの顔色を伺わなければならないためだ。彼らは無視できない数字だ。インドネシアが親ロシアになり、インドネシア国民のほとんどがロシアの侵攻を応援している。インドネシアは人口2億に成長しているK-POP市場だ。彼らに背を向けたい歌手はいないだろう。そのような面ではファン中心主義はK-POPの競争力だが、他の国と文化圏のファンの間で紛争を起こす余地がある。歌手はファン、いやファンの中でも数多い地域のファンたちの言いなりに行動する可能性がある」

--この文化戦争が今後、どのような様相になるだろうか。

「もうすぐK-POP歌手が誰の立場を代弁するのかがK-POPの争点になるだろう。誰かを代弁するというのは思ったより重要な要素だ。BTSが人気を得た要因の中の一つでもある。BTSの前のK-POPアイドルは言葉通りにアイドル、すなわち偶像のイメージを前面に出した。この世に実際に存在しないような美しくて神的な存在に映った。だが、BTSは自らファンの同年代であることを明らかにし、10代とその年ごろの若い人々が共感できるような歌詞を歌い、率直な個人的な話を打ち明ける。K-POPが世界的に人気を得てファンダムが拡大することは良いが、もう一つの課題が残る。K-POPがどのようにあの多くの地域の文化と宗教まで考慮して現地の好みに合わせることができるだろうか。それとも、反発を心配して最初から少数人種や性的マイノリティに対しては言及を控えるのか。その答えが常にどの集団のファンダムがより大きいかで決定されれば先行きは明るくない。小さいミスで莫大な数のファンたちが背を向ける恐れがあり、一方では安全に行くために意見表現を全くしなければはっきりしない態度で真正性がなくなる。実に答えにくい課題だが、K-POPが本当に国際的に飛躍したければ必ずしも減るべき関門だ」

--大衆文化を公共政策観点で分析してきた。K-POPがさらに層繁盛するためにはどのような造的改善が必要なのか。

「K-POPが国際的に大きな関心を受けているが、持続可能な好循環を構築することができない段階だ。K-POPではアルバム販売量やチャートランキングのような数字を非常に強調するが、全部重要な指標ではあってもその収益が実際の公演者(アイドルメンバーを含む)と創作者に公正に回るかにも関心を注ぐべきだ。今のK-POPは勝者一人占めの構造となっている。チャート1位を席巻する大手事務所やアーティストがほとんどを占める構造だ。政府も現在すでに成功したK-POP歌手の人気を活用することに汲々とし、小規模や新人アーティストにより多くの機会を提供することには関心がない。K-POP市場で発生した収益が創作過程に含まれた人々に公正に配分されるようにする透明なシステムが必要だ。それでこそ、今後とも大型K-POPスターが登場し続けることができる。BTSが成功した理由を忘れてはならない。大手事務所出身でもなく、自分たちがやりたい音楽を所信をもってやり続けようとする若者から始まった。そのような若者の精神を忘れてはならない」 グラミー賞を受けられなかったBTS、人種差別のせいだと思ったが…勘違いだった(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    グラミー賞を受けられなかったBTS、人種差別のせいだと思ったが…勘違いだった(2)

    2022.08.02 09:40
    뉴스 메뉴 보기
    BLACKPINKのミュージックビデオ『Lovesick Girls』に看護師服装で登場したジェニー。この場面は看護師を性的商品化したという論議に巻き込まれ、結局削除された。[『Lovesick Girls』のミュージックビデオ キャプチャー]
    TOP