주요 기사 바로가기

「北朝鮮のハッカー、暗号資産会社に偽装就職するため韓国人のふりも」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.02 08:52
0
北朝鮮政府のために活動するハッカーが暗号資産企業に偽装就職するために偽の履歴書を使って韓国人であるかのように振る舞ったりしているとブルームバーグが1日に報道した。

米セキュリティ研究会社マンディアントなどによると、北朝鮮のハッカーは求人・求職ウェブサイトのリンクトインやインディードドットコムで求人リストを検索した後、暗号資産企業に偽装就職するために他人の経歴と紹介文をそのまま自身の履歴書にコピーして使っている。

実際に北朝鮮人と疑われるある求職者は、履歴書に「革新的で戦略的に思考する専門家」「世界は私の手で偉大な結果を見るだろう」と書いていたが、これは他人の履歴書にあった表現とほぼ同一だったと外信は伝えた。

北朝鮮人と疑われるまた別の求職者は資格要件を偽装し、また別の人物はブロックチェーン技術に焦点を合わせたコンサルティング会社の高級ソフトウエア開発者のように振る舞ったという。

マンディアントは成功裏に雇用された採用サイトで北朝鮮人と疑われる多くの人物を識別したと明らかにした。

ブロックチェーン会社であるアステカネットワークのある役員は4月に北朝鮮のハッカーの可能性がある人物と面接した経験に対し衝撃的だったと伝え注意を促したこともあった。

グーグルもやはり北朝鮮人と疑われるハッカーがインディードドットコムをコピーしたフェイクサイトを作り、サイト訪問者の情報を盗むのに使ったと明らかにしている。

グーグルは北朝鮮の工作員と疑われる彼らがジップリクルーターやディズニーの採用サイトなどを装ったウェブサイトも作ったと伝えた。

セキュリティ会社のクオリスは2月に北朝鮮と関連したハッキング組織「ラザルス」が米軍需企業ロッキード・マーチンに応募した求職者を狙いフィッシングに出たことを探知したと公開したりもした。

これに先立ち米国政府も5月に北朝鮮のIT労働者が部分的に北朝鮮政府のための資金を稼ぐため北朝鮮人ではないように装って海外でフリーランスの仕事を見つけようとしていると発表している。また、北朝鮮労働者は自身が韓国、中国、日本、東欧、米国に本社を置いたリモートワーカーのように装っているというのが米国政府の説明だった。

ブルームバーグは北朝鮮が銀行など国際金融システムから金を盗むのが難しくなり暗号資産奪取に焦点を合わせているという専門家の見方を伝えた。マンディアントの首席分析家であるジョー・ドブソン氏は「市場が変わり銀行はさらに安全になったが、北朝鮮の立場で暗号資産は完全に新たな市場」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「北朝鮮のハッカー、暗号資産会社に偽装就職するため韓国人のふりも」

    2022.08.02 08:52
    뉴스 메뉴 보기
    「北朝鮮のハッカー、暗号資産会社に偽装就職するため韓国人のふりも」
    TOP