주요 기사 바로가기

「嗅覚喪失がコロナの症状である人、認知機能低下の強い前触れ」=海外研究結果

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.01 15:51
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の特異症状の中の一つに挙げられる嗅覚の喪失が認知機能低下の強い前触れの可能性があるという。

1日(現地時間)、米NBCニュースの報道によると、米国サンディエゴで先月31日に開かれたアルツハイマー協会の例年総会でこのような内容の研究結果が発表された。この研究を行ったアルゼンチンの研究陣は「コロナ感染期間における嗅覚の喪失は、コロナの症状がどれくらいひどかったかとは関係なく、認知機能低下の強力な予測変数になりうる」との結論を下した。

研究陣はコロナで嗅覚の喪失を経験した55~95歳の成人766人を対象に、新型コロナ感染後1年にわたり身体的・認知的・神経精神科的など3分野の追跡調査を実施したが、対象者のうち3分の2が調査期間の最終段階で一定類型の認知機能障害を示した。調査対象の半分は障害の程度が深刻であることが明らかになった。

研究陣はコロナにかかる前の対象者の認知機能状態に対する確実な資料は持っていなかったが、家族からのヒアリングを通じてコロナ感染前から認知障害が明らかだったことが報告された人々は今回の研究から除外された。

研究の共同著者である教皇庁立アルゼンチンカトリック大学のガブリエラ・ゴンザレス=アレマン(Gabriela Gonzalez-Aleman)教授は「我々の資料はコロナの症状がどれくらいひどかったかとは関係なく、嗅覚障害を持っているなら60歳以上の成人はコロナで回復した後も認知機能障害が出やすいことを強く示唆している」と説明した。

嗅覚と認知症の相関関係について研究を続けてきたスウェーデン・ストックホルム大学心理学科のジョナス・オロフソン(Jonas Olofsson)教授は嗅覚の喪失が認知機能低下の前兆であり、新型コロナが長期で持続する嗅覚喪失につながるかもしれないことは研究を通じて十分に立証された事実だとし、「問題はこの2つの事案を関連付けられるかどうか」と指摘した。

今回の研究に参加しなかったオロフソン教授は「これまで得られた情報では確実な結論に到達することはできないが(アルゼンチン研究陣の)研究結果は非常に興味をそそられる」と評価した。嗅覚の喪失を脳の炎症反応と関連付ける見方もある。

アルツハイマー協会のクレール・セクストン(Claire Sexton)博士は「嗅覚喪失は脳の炎症反応の信号で、炎症はアルツハイマーのような病気の神経変成過程の一部分」としながらも「両者の間に正確にはどのような関係があるのかについて、もう少し深層的な研究が必要」と述べた。

先月28日、医学ジャーナル「アルツハイマーと痴呆」に掲載された別途の研究でも、嗅覚の喪失と認知機能間の相関関係に対する洞察が含まれていた。米シカゴ大学研究陣は長時間にわたる嗅覚の衰退は認知機能の低下を予告するだけでなく、アルツハイマーと認知症において重要な役割を果たす脳の部分の構造変化に対する警告信号でもあると明らかにした。

この研究によると、嗅覚の喪失を経験した22歳以上の成人515人を対象に認知症・嗅覚に関連する脳灰白質容積をそれぞれ調査した結果、急速に嗅覚を喪失した人々は嗅覚に関連する脳灰白質容積が小さくなっていたことが分かった。

反面、視覚に関連する脳灰白質の部分はそうではないことが明らかになり、これは嗅覚が脳の構造変化の側面で認知と特別な相関関係があることを示唆するものだと研究陣は明らかにした。

研究を主導したシカゴ大学医学部のジャヤン・ピント(Jayant Pinto)博士は「時間の経過に伴う嗅覚機能の変化は、認知症の発現を予告するだけでなく、(認知症において)重要な脳の部分の大きさにも影響を及ぼしかねないことを示す結果だ」と説明した。

ピント博士は「新型コロナは嗅覚の喪失を引き起こす初めてのウイルスではないが、パンデミック以前はウイルスに関連した嗅覚の喪失は珍しい事例だった」とし「最近では科学者がウイルスによる嗅覚の喪失が認知機能にどのような影響を及ぼすのかについて広範囲な研究を行えるようになった」と述べた。

ピント博士はその一方で「新型コロナが伴う嗅覚喪失が認知機能の低下を誘発するかどうかは不確か」とし「新型コロナによる嗅覚器官の損傷が嗅覚器官だけでなく脳にも問題を引き起こすのかどうかについてはまだ解明が進んでいない謎」と付け加えた。

一方、現在まで6カ月以上嗅覚の喪失が続いていると報告した新型コロナ患者は世界感染者の約5%に該当する2700万人となっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「嗅覚喪失がコロナの症状である人、認知機能低下の強い前触れ」=海外研究結果

    2022.08.01 15:51
    뉴스 메뉴 보기
    オミクロン株
    TOP