주요 기사 바로가기

<サッカー>プレシーズンでPKゴールの黄喜燦、ポルトガルで人種差別受ける

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.01 10:23
0
イングランドプレミアリーグ、ウォルバーハンプトンのFW黄喜燦(ファン・ヒチャン)は1日(日本時間)、ポルトガル・アルガルベで行われたポルトガル2部リーグSCファレンセとのプレシーズンマッチに先発出場した。黄喜燦は0-1とリードされた後半11分、PKにキッカーとして登場し、同点ゴールを決めた。後半23分に交代するまで68分間プレーし、試合は1-1で引き分けた。

一方、黄喜燦はこの試合の途中、人種差別を受けたと伝えられた。バーミンガムライブ、インディペンデントなど英メディアによると、黄喜燦がPKを蹴る過程でゴールの後ろにいたファレンセのホームファンが人種差別的なジェスチャーをしたという。黄喜燦は主審とウォルバーハンプトンの主将コナー・コーディに報告したが、措置は取られなかった。

試合後、ウォルバーハンプトン球団は声明を通じて「ファレンセとの試合で我々の選手が人種差別のターゲットになったのはとても残念なことだ。我々は欧州サッカー連盟(UEFA)に事件を報告し、関連機関に調査を要請する。被害選手を徹底的に支援する。いかなる形態の人種差別も容認されない」と明らかにした。球団は被害選手の名前を明らかにしなかったが、英メディアは黄喜燦だと伝えた。

一方、黄喜燦はプレシーズン最終戦で得点した。黄喜燦は6日午後11時、リーズ・ユナイテッドを相手に2022-23シーズンのプレミアリーグ開幕戦(アウェー)に臨む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>プレシーズンでPKゴールの黄喜燦、ポルトガルで人種差別受ける

    2022.08.01 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    ウォルバーハンプトンの黄喜燦(ファン・ヒチャン) [写真=ウォルバーハンプトン ツイッター]
    TOP