주요 기사 바로가기

物価・金利・為替の3重苦…韓国経済に近づく「R」恐怖(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.28 09:46
0
「暗さとさらなる不確実性」(Gloomy and more uncertain)。国際通貨基金(IMF)が韓国など世界経済の成長率予測値を引き下げて発表した26日(現地時間)、オリビエ・グランシャ元チーフエコノミストがIMF公式ブログに載せた文のタイトルだ。IMFのような主要経済予測機関と経済専門家が最近投じているメッセージは終始一貫している。「景気沈滞が近づいている」という警告だ。

CNBCの最近の調査によると、ファンドマネージャー・経済アナリスト・経済学者など30人のうち63%は米中央銀行の連邦準備制度理事会(FRB)が物価を抑えるために続けている強力な緊縮努力が景気沈滞を誘発するとみている。55%は1年以内に沈滞を迎えると予想した。2カ月前の調査に比べて20%ポイントも高まった数値だ。

大半は軽い(mild)景気沈滞を予想したが、2008年の金融危機を予測して「ドクタードゥーム」と呼ばれるニューヨーク大のヌリエル・ルービニ教授は強く警告している。ルービニ教授は25日(現地時間)、ブルームバーグTVとのインタビューで「景気沈滞が短く軽く通過するという予測は完全に妄想だ」と一蹴した。

ルービニ教授は「今回の危機は1970年代のスタグフレーション(景気沈滞の中での物価上昇)と2008年の金融危機を合わせたようなものだ」と診断した。高いインフレは70年代に似ていて、コロナパンデミック(大流行)期間中に各国中央銀行がゼロ金利政策をして過熱した不動産は2008年に似ているという指摘だ。負債も金融危機当時のように高い水準にある。結局、今回の危機は金融危機と深刻な景気沈滞が一度に訪れる「複合危機」になるという警告だ。

韓国経済にも「R(=Recession、景気沈滞)」の影がさしている。物価と金利の上昇、ウォン安で景気下降リスクが強まった。

27日のソウル外国為替市場で韓国ウォンは前日より5.7ウォン値下がりした1ドル=1313.3ウォンで取引を終えた。韓国ウォンは午後に1Dル=1314.9ウォンまで値下がりした。この日、KOSPI(韓国総合株価指数)は小幅上昇(0.11%)したが、ウォン安ドル高は進んだ。

米国の政策金利の行方を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)が28日未明(韓国時間)に開かれる点が為替市場の不安感を強めた。FRBが先月に続いて0.75%引き上げるという見方が多い。

韓国の物価状況も米国と変わらない。98年のグローバル通貨危機以降で最高となった6%(6月)の消費者物価上昇率がいつ「ピーク」に達するかが依然として不透明だ。

物価・金利・為替の3重苦…韓国経済に近づく「R」恐怖(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    物価・金利・為替の3重苦…韓国経済に近づく「R」恐怖(1)

    2022.07.28 09:46
    뉴스 메뉴 보기
    ヌリエル・ルービニ・ニューヨーク大教授
    TOP