주요 기사 바로가기

アマチュア? 韓国プロ野球ロッテが過去最多点差で敗戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.25 10:23
0
0-23。韓国プロ野球ロッテ・ジャイアンツが過去最多点数差で敗れた。

ロッテは24日、釜山(プサン)社稷(サジク)球場で起亜タイガーズと対戦し、0-23で惨敗した。1982年にKBOリーグが始まって以降、過去最多の点数差だ。従来の記録は22点差だった。1997年5月4日にサムスン・ライオンズがLGツインズに27-5で勝利し、2014年5月31日にはロッテが斗山ベアーズに23-1で勝った。

ロッテは後半期の最初の3連戦で起亜に3連敗した。5位の起亜(45勝40敗1分け)と6位のロッテ(38勝47敗3分け)は7ゲーム差に広がった。

23得点は起亜球団史上最多得点。これまでは1992年6月28日のサンバンウル戦(当時ヘテ、22-6)、2017年6月29日のサムスン戦(22-1)の22得点が最多だった。

起亜はこの日、パク・チャンホを除いた先発打者全員が安打を放ち、26安打をマークした。特に4回(6点)と5回(10点)は打者一巡となった。ファン・デインは6打数5安打(1本塁打)4得点6打点をマークし、起亜先発の李義理(イ・ウィリ)は7イニングを3被安打1四球(9奪三振)で無失点に抑えた。

ロッテの投手陣は力なく崩れた。先発グレン・スパークマンは3イニングを9被安打1四球(5奪三振)で6失点した。3回までに5失点した後、4回にもマウンドに立ったが、先頭打者に四球を与えて降板した。

継投のチン・スンヒョン、キム・ミンギ、ムン・ギョンチャンもそれぞれ5失点した。ロッテは0-21の8回にはセットアッパーのチェ・ジュンヨウまでマウンドに上げたが、ファン・デインに本塁打を浴びるなど2失点した。ロッテは9回、抑え投手のキム・ウォンジュンを投入したが、新記録の犠牲になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アマチュア? 韓国プロ野球ロッテが過去最多点差で敗戦

    2022.07.25 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    24日の起亜戦で3回6失点のロッテ先発スパークマン(右) [写真=ロッテ・ジャイアンツ]
    TOP