주요 기사 바로가기

尹大統領、否定評価60%突破「歴代級速度」…「就任ダック」という言葉も登場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.22 13:42
0
22日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の国政運営に対する否定評価が初めて60%を突破した。就任して73日ぶりだ。

韓国ギャラップが19~21日、全国満18歳以上1000人に尹大統領が現在大統領としての職務をよく遂行していると考えるかと聞いたところ、肯定評価は32%で先週と同じだった。だが、否定評価は先週より7%ポイント上昇した60%だった。

尹大統領に対する否定評価は歴代大統領に比べて速い速度で増加している。韓国ギャラップ世論調査で朴槿恵(パク・クネ)、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の職務に対する否定評価が初めて60%台に上がったのはそれぞれ執権3年目だった2015年1月第3週目(60%、年末精算・増税)、執権4年目だった2021年4月第3週目(62%、4・7補欠選挙後)だった。就任2カ月ぶりに支持率が逆さまに落ちるのは任期末のレイムダックでない「就任ダック」という言葉も登場した。

尹大統領が現在「うまくやっている」という回答は国民の力支持層(62%)、保守層(55%)、60代以上(49%)などで、「うまくやっていない」は共に民主党支持層(90%)、進歩層(83%)、30・40代(70%代中盤)などで目立った。

回答者は尹大統領が職務遂行をうまくやっていないと考える理由で人事問題(24%)を最も多く挙げた。この他にも「経済・民生に力を入れない」(10%)、「経験・資質不足/無能さ」(8%)、「独断的/一方的」「疎通不十分」「職務態度」(以上5%)、「政策ビジョンの欠如」(4%)、「前政府と摩擦/前政府のせい」「公約実践が不十分」(以上3%)などを理由に挙げた。

尹大統領が職務遂行をうまくやっていると考える回答者は「疎通」と「主観・所信」(7%)を肯定的な点に選んだ。「決断力/推進力/馬鹿力」「前政権克服」(以上6%)、「公正/正義/原則」「頑張る/最善を尽くす」(以上5%)などの回答も見えた。

政党支持率では国民の力39%、共に民主党33%となった。先週と同様に両党の支持率格差は一桁となった。

韓国ギャラップの世論調査は回答率11.1%、標本誤差は±3.1%ポイント(95%信頼水準)だ。詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会や韓国ギャラップのホームページで確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹大統領、否定評価60%突破「歴代級速度」…「就任ダック」という言葉も登場

    2022.07.22 13:42
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦大統領が22日、龍山(ヨンサン)大統領室庁舎で開かれたぶら下がり取材で取材団の質問に答えている。[写真 大統領室]
    TOP